最高の食事療法「地中海式ダイエット」から学ぶ食生活

おはようございます。

今日も快腸のわたくし、タクローです。

最近も健康であり続けるためには、いかに食生活が重要かをひしひしと感じております。

この記事では、「地中海式ダイエット」についてお話していきたいと思います。

最高の食事療法「地中海式ダイエット」から学ぶ食生活

私は昨日以下のツイートしました。

このツイートでご紹介しているのは以下の記事です。

「最高の食事療法」に選ばれた地中海式ダイエットを普段の食事に取り入れる方法

身体が健康でないと、遊ぶことも働くこともできませんし、気持ちも下がってきてしまいます。

そして健康な身体づくりに欠かせないのが「食事」です。

「身体は食べたものでできている」と言われるほど、食事は私たちにとって大切なもの。

<中略>

ピラミッドの下部にあるもの程高い頻度で摂取し、上部にいく程、摂取を控えるのが好ましいとされています。

穀物、野菜やフルーツ、オリーブオイルなどは毎日、鶏肉や魚介類や卵などは週2~3回、鶏肉以外の肉類は月2~3回摂取するのが望ましいとされています。

引用:dime.jp

私がいつも紹介している安保徹先生・西式甲田療法などの食事の考えと酷似しているのが「地中海式ダイエット」の食事療法です。

 

地中海式ダイエットの3つのポイント

記事内でもご紹介されているのですが、地中海式ダイエットは3つのポイントがあると言われています。

  1. 野菜やフルーツをたっぷり摂る
  2. オリーブオイルにする
  3. 肉よりも魚を食べる

まさに、これは安保徹先生・西式甲田療法と酷似している点です。

 

野菜やフルーツの摂取は栄養バランスを整える

野菜やフルーツをたくさん摂取することにより、ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランスよく摂取することが可能になります。

当ブログでは、何度もお話していますがビタミン・ミネラルは肝臓が必要としている栄養素です。

肝臓は免疫力の土台となるため、肝機能を向上させることは免疫力を向上させることにつながります。

また、食物繊維は「腸内環境」を整えるためには必須の栄養素です。

腸内環境を整える重要性はご存じかと思うので割愛しますが、腸内環境を整えることは自己免疫疾患の改善、免疫力向上をもたらしてくれます。

 

オリーブオイルにはUCの発症を予防する研究もある

当ブログでは、オリーブオイルと潰瘍性大腸炎の関係について記事にしています。

簡単に言うと、オリーブオイルの摂取量を増やすことで、潰瘍性大腸炎が予防できることが示唆されたという研究があります。

これは、オリーブオイルに含まれているオレイン酸が関係していると言われています。

つまり、地中海式ダイエットでのオリーブオイルの摂取は潰瘍性大腸炎の方にもおすすめであるといえますね。

 

肉よりも魚を食べる

地中海式ダイエットは肉よりも魚を食べることが推奨されています。

潰瘍性大腸炎と肉についても以前に記事にしております。

ちなみに肉に含まれている油は飽和脂肪酸です。

その飽和脂肪酸は健康を害するという論文がハーバード大学から発表されております。

また、動物性たんぱく質は私たち人間の腸内で腐敗していき、腸内環境を悪化させる原因になります。

腸内環境が悪化することは、免疫力低下を意味しますので、潰瘍性大腸炎にはまずおすすめしない食材です。

 

このように、地中海式ダイエットの食事療法の内容を見ていけば見ていくほど潰瘍性大腸炎の方にピッタリの食事療法であるといえますね。

また、潰瘍性大腸炎に食事が重要かについては以下の記事で解説しているので、読んでみて下さい。

 

まとめ

今回は、地中海式ダイエットについてお話してきました。

世界では、食生活から健康を手に入れるという動きが非常に強くなってきているなと言う印象を受けます。

ヴィーガンが海外で流行しているのが何よりの証拠ですよね。

それにもかかわらず、日本は「食」に対する意識が薄いかなと言う印象を持ちます。

もし、これを読んでくれているあなたが潰瘍性大腸炎に苦しんでいるのであれば、「薬」を飲む前に自身の食生活・生活習慣見直すことから始めてみてください。

そして、良い食生活を継続していけば、体調の変化を感じることができると思いますよ。

 

2010年から約10年間以上、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

※2020年10月現在も健康に過ごしております。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

※2020年10月現在もありがたいことに健康に過ごしています。

ABOUTこの記事をかいた人

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。