純藍株式会社の「濃い藍の青汁」を実際に飲んでみました!口コミレビュー

どうも!快腸生活のタクローです。

気になる青汁を見つけたので、購入し実際に飲んでみましたので、皆様に味等の感想をお伝えしたいと思います

今回ご紹介する青汁は、純藍株式会社から発売されている「濃い藍の青汁」です。

「藍」が入っている青汁は潰瘍性大腸炎の方には特におすすめです。

早速、味や価格などについてみていきたいと思います。

 

純藍株式会社「濃い藍の青汁」の特徴は?

今回実際に純藍株式会社「濃い藍の青汁」を購入し、飲んでみて私が感じた感想は以下の通りです。

  1. 青黛の原料である「藍」が使われている珍しい青汁
  2. 主原料は大麦若葉、ダテ藍、桑の葉、クマザサを使用している
  3. 味わいは渋めのお茶のようで飲みやすい

 

青黛の原料である「藍」が使われている珍しい青汁

この青汁の一番のポイントは、「藍」が使われているということでしょう。

藍は、非常に強い抗酸化作用を持っているため、大麦若葉のSOD酵素と合わさり、非常に潰瘍性大腸炎の方にもおすすめであると言えます。

 

主原料は大麦若葉、桑の葉、クマザサを使用している

また、「濃い藍の青汁」は藍の他にも、大麦若葉・桑の葉・クマザサが使用されており、栄養成分もしっかりとした青汁となっておりますね。

大麦若葉が主原料となっておりますので、SOD酵素もしっかりと摂取することができ、潰瘍性大腸炎に必要な抗酸化作用も得ることができます。

 

味わいは渋めのお茶のようで飲みやすい

濃い藍の青汁には、他の青汁にはない「藍」が含まれているので、正直味が心配でしたが味わいは渋めのお茶のようで飲みやすくなっています。

良くある青汁の青臭さも感じることもありませんので、毎日美味しく続けれることは間違いないでしょう。

 

純藍株式会社「濃い藍の青汁」の健康効果は?

続いて、純藍株式会社「濃い藍の青汁」の健康効果について見ていきましょう。

濃い藍の青汁を飲むことによって、考えられる健康効果は以下の通りです。

  • 藍に含まれる「鉄分」「亜鉛」のよる貧血改善効果
  • 藍に含まれる「ポリフェノール」による抗酸化作用
  • ポリフェノールによる血圧・コレステロール値低下、美肌効果
  • 大麦若葉のSOD酵素による抗酸化作用
  • オリゴ糖による善玉菌活性・腸内改善・便秘解消

 

貧血改善効果

藍には「鉄分」「亜鉛」も含まれているため、貧血改善効果も見込むことができます。

なので、貧血になりがちな潰瘍性大腸炎の方にはありがたいですね。

 

抗酸化作用

ポリフェノールには、ビタミンC・ビタミンEと同等の非常に強い抗酸化作用を持ち合わせています。

活性酸素の除去に役立つのです。

ポリフェノールの働きによって、コレステロール値の低下や美肌効果も得ることが可能です。

 

SOD酵素による抗酸化作用

大麦若葉に多く含まれているSOD酵素による抗酸化作用も得ることが可能です。

また、大麦若葉・桑の葉・クマザサには非常に豊富なビタミン・ミネラル類が含まれているため1日に必要な栄養素をしっかりと補うことも可能です。

 

腸内環境改善

オリゴ糖が含まれていますので、善玉菌の活動を活性化させ、腸内環境も改善することが見込まれます。

 

純藍株式会社「濃い藍の青汁」の価格は?

続いて、純藍株式会社「濃い藍の青汁」の価格について見ていきましょう。

濃い藍の青汁は、青汁の相場価格より安い価格帯となっているというメリットもあります。

  • 単品購入の場合、3,564円(税込)別途送料
  • 定期購入の場合、3,207円(税込)送料無料
  • 毎月2箱購入の場合、1箱当たり3,029円(税込)送料無料
  • 毎月3箱購入の場合、1箱当たり2,640円(税込)送料無料

上記の金額で、濃い藍の青汁を購入することができます。

青汁は、1箱4,000円~5,000円の価格で売られていることが多いので、他社製品と比較すると安く購入できることがわかります。

また、毎月の購入は箱数を増えれば、また割引率が大きくなりますんで、たくさん飲む方にはありがたいですね。

また、定期購入した場合、購入回数に縛りがなく、いつでも休止・解約OK、さらに返金保証もあるのは非常に嬉しいポイントです。

 

純藍株式会社「濃い藍の青汁」のネットでの口コミ紹介!

続いて、純藍株式会社「濃い藍の青汁」を実際に飲んでいるユーザーの口コミを集めてみましたのでご紹介します。

70代女性

青汁を飲むのに抵抗があった主人が積極的に飲むようになり、藍の青汁が送られてくるのを待っています。青汁を飲むと毎日調子が良いようで飲み続けています。

40代女性

3歳の子供から大人まで家族全員で飲んでいます。牛乳に混ぜると甘くて子供たちに大人気です。おかげさまで風邪もひかずに元気いっぱいです。

60代女性

藍の青汁に出会うまでは、朝一番にコーヒーを飲んでいました。今は「今日一日が素敵な日になりますように。」と藍の青汁でスタートしています。スムージーに入れて飲んでいます。美味しく元気になれるのでとても感謝しています。

80代女性

癖がなく、飲みやすい。値段も手ごろ。身体が快調で夏場でも元気に過ごせています。またいろいろな飲み方も紹介されていて、家族にも好評ですので、これからも続けていきたいと思っています。

純藍株式会社「濃い藍の青汁」の口コミを見てみると、

  • 飲みやすい・美味しい!
  • 継続したい!

という前向きな意見が多い青汁ですね。

 

純藍株式会社「濃い藍の青汁」を実際に飲んでみました!

さて、実際に「濃い藍の青汁」を飲んでみました。

濃い藍の青汁のパッケージは、細いタイプのものですね。

封を開けて、コップに粉末を入れてみるとこんな感じです。

粉末量は、3.5gなので青汁としてはごく普通の量です。

色は濃い目で、白い粉末も目視で確認できますが、これは恐らくオリゴ糖だと思われますね。

早速水に溶かしてみました。

水に溶かしてみると、緑の色が非常に強いですね。

恐らく、藍が入っていることで緑が強く出ているんでしょう。

商品名通り、見た目はとても濃そうな青汁です。

上から見るとこんな感じ。

見た目では、かなり青臭いんじゃないかと思われる色合いです。(笑)

さて実際に飲んでみましょう!

「ゴクゴク…」

む?

一口ではわからないので、もう一口。

「ゴクゴク…」

うまい!!という感じではありませんが、渋めのお茶と言う感じで非常に飲みやすい青汁です。

確かに濃い青汁と言う味わいなのですが、良くある青野菜の臭み等は一切感じません。

飲んでみるとわかりますが、飲み続けやすい味わいですね。

また、よく粉っぽい青汁もありますが、藍の青汁はその点も問題なく滑らかな舌触りです。

ただ私の味覚では、藍の味わいを感じ取ることはほぼできません。藍が主張していると想像していたのですが、その点も大丈夫です。

ただし、甘さは一切なく、渋めのお茶のような味わいなので、甘い青汁が好みの方・渋めのお茶が飲めない方にはおすすめできませんね。

はい。ごちそうさまでした。

味の結論は、飲みやすい「渋めのお茶」という感じで、個人的には飲みやすいなという感想ですね。

 

購入前の気になるCHECKポイント!

最後に純藍株式会社「濃い藍の青汁」を購入する前に気になるチェックポイントについてご紹介します!

 

食物繊維がそれほど多く含まれていない。

公式HPを見てみると、「藍には食物繊維」が多く含有していると言われていますが、濃い藍の青汁1杯当たりに含まれている食物繊維は「0.7g」と他社製品と比較すると少ないです。

ただし、他社製品は「難消化デキストリン(水溶性食物繊維)」が加えられていることが多いので、大麦若葉等に含まれている食物繊維だけを見ていくと、多少多いのかもしれませんが、どちらにせよ食物繊維を多く摂取したい方は、普段の食事の中でも食物繊維をプラス必要があります。

 

渋めのお茶で「苦み」に弱い方は飲みずらい!

先ほども、お話していますが「濃い藍の青汁」の味わいは、渋めのお茶と言う感じです。

緑葉野菜の青臭さ等は、感じないものの苦み・渋みという点は存在してます。

なので、渋いお茶が飲めない方・嫌いな方にはおすすめできませんので、甘さのある青汁の方が良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は、純藍株式会社「濃い藍の青汁」を購入し実際に飲んでみました!

この青汁がおすすめの方は、

  • お茶のような味の青汁を飲みたい方
  • 大麦若葉を含む青汁を飲みたい方
  • ポリフェノール・SOD酵素による抗酸化作用を求めている方
  • 藍の健康効果を得たいと考えている方

この青汁の大きなポイントは、「藍」が含まれていることです。

藍による抗酸化作用に加えて、青汁によるビタミン・ミネラルも摂取できるので、とてもおすすめな青汁と言えます。

是非、気になる方はお試しください。

私が潰瘍性大腸炎に効果的だと感じた4つの青汁

1位:食物繊維が豊富で最もおすすめの「大麦若葉青汁」

潰瘍性大腸炎の方が飲む青汁で最もおすすめなのが、こちらの大正製薬「大麦若葉青汁」です。

良い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  2. 食物繊維の含有量が「5.9g/1袋」
  3. とても美味しい味。継続しやすい
  4. 製造会社は「大麦若葉の潰瘍性大腸炎に対する抑制効果」を研究で発見した東洋新薬
  5. 980円(税抜)で飲み始めることができるコスパの良さ

悪い点

  1. 特になし

販売会社「大正製薬」、製造会社「東洋新薬」で、毎日飲むだけに安心感もばっちりであり、腸内環境の改善効果や抗酸化作用、免疫力を高めるためのビタミン・ミネラルも豊富に摂取することができるので、潰瘍性大腸炎の方には最もおすすめな青汁です。

大正製薬「大麦若葉青汁」はこちらから購入できます。(公式HP)

 

2位:21種類の国産野菜を使った「ドクターベジフル青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第2位は、ドクターベジフル青汁です。

良い点

  1. 100%国産(九州産)の野菜から作られている青汁・安心感抜群
  2. 青汁1杯に21種類の野菜のビタミン・ミネラルが含まれている
  3. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(1.0g程度/1袋)

ビタミン・ミネラルを毎日美味しく摂取することができるおすすめの青汁。

 

3位:青黛の原料である藍が含まれている「濃い藍の青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第3位は、「濃い藍の青汁」です。

良い点

  1. 青黛の原料である「藍」が使われている青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  3. 乳酸菌やオリゴ糖が含まれ整腸効果が見込める

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(0.7g/1袋)
  2. 味が独特の味がする

2017年11月に慶応義塾大学の研究で潰瘍性大腸炎に対する有効性が科学的に証明された「青黛」の原料である「藍」が使われており、さらにビタミン・ミネラルも一緒に補給できる非常に珍しい青汁です。

 

4位:まずいが品質最高峰の「サンスター粉末青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第4位は、サンスター「粉末青汁」です。

良い点

  1. 余計なものが一切入っていない品質の高い青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉使用
  3. 青汁1袋の粉末内容量が10gと他社製品の約3倍
  4. 青汁1杯で野菜約100gの栄養価が含まれている
  5. 食物繊維の含有量が(3.6g/1袋)

悪い点

  1. 味がかなりマズく、継続しづらい
  2. 価格が相場より、ちょっと高い

サントリーの粉末青汁は非常に高い品質を誇った青汁であり、青汁1杯で野菜100g分の栄養価を摂取することができる青汁です。

品質・栄養価は非常に優れていますが、味が非常にまずく、飲みずらいのが特徴。

まずくても、継続できる!という方以外はあまり手を出さない方が良いかもしれません。

しかし、品質で選ぶのであれば、これ以上の青汁は他になく、潰瘍性大腸炎の方にも非常におすすめですね。

5位:栄養価バランスが良い「ふるさと青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第5位は、マイケア「ふるさと青汁」です。

良い点

  1. 明日葉の葉・茎・根の全てを使用している
  2. 青汁1杯に含まれるビタミン・ミネラルの栄養価が高い
  3. 抗酸化作用のある「βカロテン」の含有量が多い

悪い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉の使用量が少ない
  2. 食物繊維の含有量も少ない(1.4g/1袋)
  3. 渋めのお茶のような味で好みが分かれる

「明日葉の葉・茎・根」の全てを使っているため、ビタミン・ミネラルの含有量が非常に高い青汁です。

さらに、非常に強い抗酸化作用を持つ「βカロテン」が他の青汁商品に比べて3倍も含まれているのが特徴です。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。