日本の焼き魚の定番!潰瘍性大腸炎と鮭の健康効果とは?

塩焼きやホイル焼き、ムニエルにグラタンなど和風でも洋風でも調理方法が様々あるだけでなく、価格も流通も1年を通して安定しているので食卓に並ぶ機会も多い鮭。

小骨が少なく、お子さんやお年寄りも食べやすいのも好まれる理由でしょうか。

焼き鮭の皮を好んで食べる方も多く、食べやすいお魚のひとつではありますが栄養や健康効果はあるのでしょうか。

今回は鮭についての健康効果を考えていこうと思います。。

 

鮭ってどんな魚?

鮭とはサケ目サケ科に属する魚で、サケ科に属する魚類の総称はシャケとも呼ばれます。

紅鮭や銀鮭、キングサーモンなど様々な種類が存在していますが、一般的に日本では鮭と言うと白鮭を指し、旬の時期である9~11月頃の白鮭は秋鮭とも呼ばれます。

川で産まれたのち海に下った鮭は、成長したのち産まれた川に戻り産卵をすることはよく知られていますよね。

そのため、獲るタイミングによって脂の乗り方や旨味が変わると言われており、一番脂が乗っておいしいタイミングは海で捕獲したもので、産卵のために川を上りきった鮭は体力を消耗しているため脂身が少なくさっぱりとした味わいになります。

日本近海では人工的に稚魚を放流する孵化場がある北海道や東北地方が圧倒的多数ですが、自然産卵でも北海道や北陸、近畿、山陰地方に生息しています。

食し方も刺身などの生食から汁物、乾物や揚げ物、缶詰など幅広く、様々な地方で郷土料理としても親しまれています。

鮭類はサナダムシやアニサキスなどの寄生虫が寄生していることが多いため、加熱・冷凍処理をしていないものを生食で食するのは危険であると言われています。

 

鮭に含まれる栄養素について

鮭の身はご存知の通りピンク色です。

しかし白鮭と言われるだけあり、鮭は赤身魚ではなく分類は白身魚なんです。

鮭のもつ栄養の注目すべき点は、ずばりこのピンク色の正体であるアスタキサンチンという成分です。

アスタキサンチンとは植物や動物がもつ天然の色素であるカロテノイドの一種で、赤い色の動植物に含まれています。

抗酸化作用が非常に高く、熱を加えても壊れにくいのが特徴です。

悪玉コレステロールが血管に付着するのを防ぐだけでなく、既に付着しているものをはがす作用や、眼精疲労や加齢による眼の症状にも効果があると言われています。

他にももちろん魚特有のDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸や、タンパク質、代謝を促すビタミンB群やカルシウムの吸収率を上げるビタミンD、ビタミンの中では一番の抗酸化力をもつビタミンEも多く含まれています。

また、好みがわかれる鮭の皮。

皮にも栄養が非常に豊富なので、できればこちらも食べていただくことをおすすめします。

脳の活性化や血液サラサラに効果があるDHAとEPAは皮のすぐ下部分に一番多く含まれています。

また、お肌プルプルの元や関節痛を防ぐために必要なコラーゲンがたっぷりと含まれています。

鮭は丸ごと食べられる栄養満点なお魚ですね!

抗炎症作用のあるEPAと抗酸化作用が得られる鮭は潰瘍性大腸炎にも非常におすすめな食材と言えますね。

 

こんな方は鮭を摂取した方が良い!

■生活習慣病の予防

アスタキサンチンは悪玉コレステロールを血管につきにくくさせ、DHAは悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働き、EPAは血液をさららさにする働きが非常に優れています。

この相乗効果で高血圧や高脂血症、動脈硬化を予防できると考えられます。

■眼の健康促進に

アスタキサンチンは細部まで栄養が届きやすい成分で、眼の末梢血管にも届くため眼の健康に効果があることがわかりました。

パソコンやスマホを日常的に使う現代人は、眼精疲労でピント調節機能が低下している方が非常にたくさんいます。

眼精疲労を放っておくと視力の低下につながるだけでなく、頭痛や肩こりなど二次障害にもつながります。

眼の周りの血流を改善し、眼の周りの筋肉を柔らかくすることで現代人の眼精疲労や老化性の視力低下を予防することができると考えられます。

■美肌効果、アンチエイジングに

アスタキサンチンの高い抗酸化力でお肌の若返り効果が狙えます。

ビタミンEとアスタキサンチンの相乗効果で小じわや色素沈着を撃退、皮まで食べればコラーゲンも摂取でき、美肌効果はとても高いと言えるでしょう。

そして、鮭に含まれているEPAは、マグロやさんまには及びませんが、非常に豊富なEPAを含んでいるため潰瘍性大腸炎の方も積極的に食べたい食品と言えるでしょう。

 

鮭の美味しいレシピ集!

鮭は和洋折衷アレンジレシピがたくさんありますが、健康効果も狙えるおすすめレシピをご紹介します。

 

鮭とキノコのミルク煮

<出典:cookpad.com>

レシピに含まれている牛乳を豆乳に変更して、潰瘍性大腸炎仕様にすることがおすすめ!

小麦粉不使用でさっぱり仕上げなのも◎

たまねぎとブロッコリーは血行促進効果が倍増しますよ。

>>このレシピの詳細はコチラ

 

鮭缶を使ったアボカドサラダ

<出典:cookpad.com>

カルシウムを摂取するなら鮭缶を使うのもおすすめです。

アボカド&きのこと合わせてヘルシー&ビューティに健康低糖質サラダ!

>>このレシピの詳細はコチラ

 

かぼちゃと鮭のサラダ

<出典:cookpad.com>

おしゃれなサブメニューとしてサラダ風はいかがでしょうか。

ほうれん草は貧血予防、かぼちゃはアンチエイジングの効果倍増が期待できるレシピです。

>>このレシピの詳細はコチラ

 

カリカリ鮭皮

<出典:cookpad.com>

罪悪感ゼロな鮭皮のパリパリおつまみ!

パリパリに焼けば見た目もおしゃれ、コラーゲンが摂取できるお酒のお供です。

>>このレシピの詳細はコチラ

 

まとめ

 

おすすめレシピをピックアップするのも迷うほど、様々な調理方法で楽しめる鮭。

一人暮らしの方や、もっと簡単に食べたい方にはやはり缶詰がおすすめです。

骨まで柔らかくなっている鮭缶は、焼き鮭よりもカルシウム含有量が10倍になると言われています。

忙しい朝のおかずはもちろんお酒のおつまみに、鮭缶を常備しておくのはいかがでしょうか。

スーパーでも気軽に買える鮭は、EPAを摂取するのにも非常におすすめのため、潰瘍性大腸炎の方は1週間に1食以上は食べたい食品ですね。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。