「ドクターベジフル青汁」を実際に飲んでみました!口コミレビュー

どうも!快腸生活のタクローです。

今回ご紹介させていただく青汁は、北九州市で高上青果店を営んでいる高上実さんがプロデュースしている青汁です。

この方は、ママ、なぜ野菜を食べなきゃいけないの? という著書を出版されており、野菜の重要性・栄養価の高さ・健康効果についてを執筆されていますね。

そんな野菜を実際に販売し、講演活動や著書活動をしている野菜のプロが作った「ドクターベジフル青汁」を実際に購入し、飲んでみた感想・口コミ・健康効果をまとめてご紹介します。

 

「ドクターベジフル青汁」の特徴は?

早速、今回実際に「ドクターベジフル青汁」を購入し飲んで、私が感じた特徴についてご紹介します。

  1. 初回2,680円(税抜)送料無料で始めることができる!
  2. 青汁・野菜の臭み・苦みがなく非常に美味しい味の青汁!
  3. 講演活動なども行っている野菜のプロ「高上実」が作る青汁!
  4. 大麦若葉・ケール・桑の葉と21種類の国産野菜を使用した青汁!

 

初回2,680円(税抜)送料無料で始めることができる!

ドクターベジフル青汁の魅力は何と言っても、初回2,680円(税抜)で始めることができる気軽さでしょう!

これは、定期購入の価格ですが、購入回数の縛りがなく、1回目からの休止も可能!

なので、お試しの方も2,680円(税抜)から始めることができるのは非常にありがたいですね!

しかも、2回目以降も3,150円(税抜)と他の青汁製品に比べて低価格で続けることができるので価格メリットがおすすめですね。

 

青汁・野菜の臭み・苦みがなく非常に美味しい味の青汁!

ドクターベジフル青汁は、青汁特有の臭み・苦みもなく、さらに含まれている21種類の野菜の臭みなどもほとんど感じず、非常に美味しい味わいの青汁となっております。

その美味しさの秘訣は、きな粉と黒糖であり、ほんのり甘いきな粉風味のお茶という感じです。

私の好みの青汁ですね~!(笑)

講演活動なども行っている野菜のプロ「高上実」が作る青汁!

北九州市で青果店を営みながら実際に野菜を販売しながら、講演活動や著書の執筆などをしている野菜のプロの高上実酸がプロデュースして、作り上げた21種類の野菜の青汁です。

非常にこだわって作られた青汁であり、100%九州産の野菜を使用しており、食品添加物も一切不使用!

大麦若葉とケールと桑の葉と21種類の九州産野菜で豊富な栄養素を摂取することが可能ですね。

 

「ドクターベジフル青汁」の健康効果は?

続いて、ドクターベジフル青汁の健康効果について見ていきましょう。

ドクターベジフル青汁の特徴は、大麦若葉・ケール・桑の葉と言った通常の青汁に使われている原料に加えて、合計21種類の豊富な野菜から構成されていることにあります。

  1. 大麦若葉
  2. トマト
  3. キャベツ
  4. ゴボウ
  5. 人参
  6. ピーマン
  7. 小松菜
  8. レタス
  9. アスパラガス
  10. かぼちゃ
  11. さつまいも
  12. 紫イモ
  13. ケール
  14. ほうれん草
  15. 桑の葉
  16. サニーレタス
  17. グリーンリーフ
  18. チンゲン菜
  19. 春菊
  20. パセリ
  21. 大葉

これだけの野菜に含まれているビタミン・ミネラル当の栄養素がしっかりと摂取することができるのです。

その中でも、緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンの抗酸化作用の効果が期待でき、さらには食物繊維による腸内環境改善効果も期待できる青汁です。

さらに、野菜のプロの「高上実さん」がプロデュースしている青汁というだけあって、製造方法も「低温乾燥」で作られているのです。

野菜のビタミンや酵素は、非常に熱に弱い栄養素もありますので、そういった細かい点にもしっかりとこだわっているという青汁であるということがわかりますね。

 

「ドクターベジフル青汁」の価格は?

続いて、ドクターベジフル青汁の価格について見ていきましょう。

ドクターベジフル青汁は、価格的にも非常にメリットがあります。

単品購入の場合、3,500円(税抜)+送料800円ですが、

定期購入の場合、初回限定2,680円(税抜)送料無料で購入することができます。

さらに、定期購入ですが、購入回数の縛りはなく、1回目で休止することも可能なのです。

それだけ、商品の品質に自信があるのでしょうね。

さらに、2回目以降も3,150円(税抜)という低価格であり、他の青汁商品と比較しても非常に安く青汁を継続することができるのです。

 

ネットでの口コミ紹介!

20代女性

普段の食事から、好き嫌いが多い偏食の自分に飲めるかなと不安でいっぱいでしたが、ドクターベジフル青汁は全く青臭くなくて、ほんのり甘くて非常に美味しく、偏食の私も飲むことができました。ヨーグルトに混ぜても、美味しいしアレンジも色々できてとってもおすすめ!ドクターベジフル青汁を飲み始めてから肌のハリとツヤが出てきて、お腹もすっきり感をかんじれちゃいます。

30代女性

ドクターベジフル青汁を購入しても、青汁を飲む習慣に慣れてなかったので、飲み忘れることも多々ありましたが、とても美味しい青汁になっているので、長い間継続できています。その甲斐あって、今では便秘体質が変わり、朝からすっきり快調です。友人からは、イキイキしているねと褒められ、毎朝の目覚めも良くなって日々健康を実感しています。価格もお手頃なので、これからも続けていきたいです。

30代女性

ドクターベジフル青汁を朝食事と夕食時に飲み続けていたら、体の調子も非常に良くなり、なんだか体が軽くなった感じです。普段から、食事で野菜を摂取しようと心がけていますが、どうしても摂取し足りないときもありますので、ドクターベジフル青汁で日々の栄養不足を補っています。これからも家族で続けていきたいですね。

ドクターベジフル青汁のネットの口コミを見てみると、

  • 毎朝すっきり快調
  • 肌つやが良くなった
  • 体の調子が良くなった

上記のように非常に良い口コミ評価が多く見受けられる青汁ですね。

九州の青果店を営む高上実さんがプロデュースしている青汁というだけあって、非常に原材料などにもこだわられており、健康効果もしっかりと感じることのできる青汁であると思いますね。

 

「ドクターベジフル青汁」を実際に飲んでみました!

さて、実際にドクターベジフル青汁を飲んでみましょう!

パッケージには、野菜のイラストが描かれており、女性ウケしそうなデザインですね!

1袋に含まれている顆粒は、3.0gとちょっと少なめです。

さらに顆粒もちょっと粗めと言ったところでしょうか。

溶かしてみると、こんな感じです。

色を見てみるとちょっと他の青汁と比較すると緑が濃いように感じますね。

上から見るとこんな感じ。

たくさんの野菜が含まれているとは思えない、従来の青汁となんら見た目は変わりませんね。

臭いはですね、きな粉の臭いがして、非常に私も好きなにおいですね!(笑)

ただ、21種類もの野菜の粉末が入っているので味はあまり期待できそうにないですがどうでしょうか?

さて、実際にドクターベジフル青汁を飲んでみましょう!

「ゴクゴク…」

お…?

もう一口…

「ゴクゴク…」

これは、美味いですね!(笑)

大麦若葉・ケール・桑の葉、21種類の野菜の臭みや苦みはそれほど感じず、非常に飲みやすいです。

主に、きな粉の味が口いっぱいに広がり、そしてほのかに黒糖の甘みが後から来ます。

抹茶は含まれていないですが、抹茶のような味わいもしますが、これは大麦若葉等の味だと思いますね。

味はですね、エバーライフの「飲みごたえ野菜青汁」に非常に似ていますね。

それもそうですね、飲みごたえ野菜青汁もドクターベジフル青汁も、「きな粉・黒糖」を含んでおりますからね。

ただ、飲みごたえ野菜青汁の方が黒糖の甘みが強く、ドクターベジフル青汁の方が甘さが控えめです。

ちょっと、ドクターベジフル青汁の残念な点は粉末の粒子が荒かったので、水で溶かして飲んでも粉っぽさが少々気になりますね。

味がなかなかおいしいだけに、その点は残念ですね。

 

購入前の気になるCHECKポイント!

最後に、ドクターベジフル青汁の購入前に気になるチェックポイントについてご紹介します。

 

きな粉が苦手な方は飲みづらい青汁です。

私のようにきな粉や黒糖が好きな方には非常に美味しい青汁となっておりますが、きな粉の味が非常に強く感じられますので、お茶のような青汁を求めている方、きな粉が苦手な方にはおすすめできないでしょう。

そういう方は、別の青汁を選択することをお勧めします。

 

1袋の青汁粉末内容量が3.0gと少なめです。

ドクターベジフル青汁の1袋当たりの青汁粉末内容量が3.0gも多少少なめです。

なので、1杯当たり200ml以上で薄めて作ると味が薄く感じられますね。

大麦若葉・ケールの濃厚な青汁を飲みたいという方にもあまりおすすめできませんね。

 

販売会社は㈱グランデと小さい会社です。

ドクターベジフル青汁は、ドクターベジフルという九州産の無農薬・減農薬で作られた野菜・果実を使った健康食品を販売している通信サイトであり、運営会社は㈱グランデという小さい会社です。

そのため、大正製薬、やわた、エバーライフなど大手健康食品会社と比較すると安全性や信頼性は劣ってしまいますね。

 

まとめ

今回は、実際にドクターベジフル青汁を購入し飲んでみました!

この青汁がお勧めな方は、

  • 美味しい青汁を飲みたい方
  • 初回金額を安くお試ししたい方
  • 大麦若葉・ケール以外にもその他の野菜を摂取したい方
  • 栄養バランスの優れた青汁を求めている方

上記のような方には、非常におすすめな青汁と言えますね。

ドクターベジフル青汁の最大の特徴は、青汁とは思えない”美味しさ”、初回金額が2,680円という”安さ”、二回目以降も低価格で飲み続けることができて、実際に青果店を営んでいる高上実さんがプロデュースし、全て九州の野菜で作られており、無添加と言う非常にこだわって作られた非常におすすめの青汁と言えますね。

是非、金額も安いので青汁が初めてという方には一度飲んでもらいたい青汁ですね。

 

私が潰瘍性大腸炎に効果的だと感じた4つの青汁

1位:食物繊維が豊富で最もおすすめの「大麦若葉青汁」

潰瘍性大腸炎の方が飲む青汁で最もおすすめなのが、こちらの大正製薬「大麦若葉青汁」です。

良い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  2. 食物繊維の含有量が「5.9g/1袋」
  3. とても美味しい味。継続しやすい
  4. 製造会社は「大麦若葉の潰瘍性大腸炎に対する抑制効果」を研究で発見した東洋新薬
  5. 980円(税抜)で飲み始めることができるコスパの良さ

悪い点

  1. 特になし

販売会社「大正製薬」、製造会社「東洋新薬」で、毎日飲むだけに安心感もばっちりであり、腸内環境の改善効果や抗酸化作用、免疫力を高めるためのビタミン・ミネラルも豊富に摂取することができるので、潰瘍性大腸炎の方には最もおすすめな青汁です。

大正製薬「大麦若葉青汁」はこちらから購入できます。(公式HP)

 

2位:21種類の国産野菜を使った「ドクターベジフル青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第2位は、ドクターベジフル青汁です。

良い点

  1. 100%国産(九州産)の野菜から作られている青汁・安心感抜群
  2. 青汁1杯に21種類の野菜のビタミン・ミネラルが含まれている
  3. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(1.0g程度/1袋)

ビタミン・ミネラルを毎日美味しく摂取することができるおすすめの青汁。

 

3位:青黛の原料である藍が含まれている「濃い藍の青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第3位は、「濃い藍の青汁」です。

良い点

  1. 青黛の原料である「藍」が使われている青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  3. 乳酸菌やオリゴ糖が含まれ整腸効果が見込める

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(0.7g/1袋)
  2. 味が独特の味がする

2017年11月に慶応義塾大学の研究で潰瘍性大腸炎に対する有効性が科学的に証明された「青黛」の原料である「藍」が使われており、さらにビタミン・ミネラルも一緒に補給できる非常に珍しい青汁です。

 

4位:まずいが品質最高峰の「サンスター粉末青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第4位は、サンスター「粉末青汁」です。

良い点

  1. 余計なものが一切入っていない品質の高い青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉使用
  3. 青汁1袋の粉末内容量が10gと他社製品の約3倍
  4. 青汁1杯で野菜約100gの栄養価が含まれている
  5. 食物繊維の含有量が(3.6g/1袋)

悪い点

  1. 味がかなりマズく、継続しづらい
  2. 価格が相場より、ちょっと高い

サントリーの粉末青汁は非常に高い品質を誇った青汁であり、青汁1杯で野菜100g分の栄養価を摂取することができる青汁です。

品質・栄養価は非常に優れていますが、味が非常にまずく、飲みずらいのが特徴。

まずくても、継続できる!という方以外はあまり手を出さない方が良いかもしれません。

しかし、品質で選ぶのであれば、これ以上の青汁は他になく、潰瘍性大腸炎の方にも非常におすすめですね。

5位:栄養価バランスが良い「ふるさと青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第5位は、マイケア「ふるさと青汁」です。

良い点

  1. 明日葉の葉・茎・根の全てを使用している
  2. 青汁1杯に含まれるビタミン・ミネラルの栄養価が高い
  3. 抗酸化作用のある「βカロテン」の含有量が多い

悪い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉の使用量が少ない
  2. 食物繊維の含有量も少ない(1.4g/1袋)
  3. 渋めのお茶のような味で好みが分かれる

「明日葉の葉・茎・根」の全てを使っているため、ビタミン・ミネラルの含有量が非常に高い青汁です。

さらに、非常に強い抗酸化作用を持つ「βカロテン」が他の青汁商品に比べて3倍も含まれているのが特徴です。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。