ダイレクトテレショップ「青汁三昧」を実際に飲んでみました!口コミレビュー

今やCMやテレビショッピングでも多くの青汁商品が紹介されるようになっていますよね。

そんな中、テレビショッピングの中でも知名度の高いのがダイレクトテレショップではないでしょうか。

家庭用家電・調理器具・ダイエット食品・ファッション・美容用品など様々なアイテムが紹介されていますが、ダイレクトテレショップで紹介されている青汁が今回紹介する「青汁三昧」です。

今回は、ダイレクトテレショップの「青汁三昧」を実際に購入し、飲んでみた感想、ネットの口コミなどをまとめてご紹介します。

 

「青汁三昧」の特徴は?

さて、実際にダイレクトテレショップの青汁三昧を購入し、飲んでみて感じた特徴は以下の通りですね。

  1. 1箱60包入りで、2,700円という低価格から購入が可能!
  2. 栄養バランスの優れた青汁!
  3. 原材料は全て日本国内の素材を使用!
  4. テレビショッピングで紹介されている知名度と信頼性!

 

1箱60包入りで、2,700円という低価格・コスパが高い!

定期購入で1箱3,000円(税込)!3箱まとめ買いで、1箱2,700円(税込)で購入できるという金額的メリットがあります!

他社製品は、1箱4,000円~5,000円ほどが相場価格となっておりますので、1,000円~2,000円ほど安価に購入が可能となっておりますね!

さらに、1箱の価格が安い上に、60包も入っているので、非常にコストパフォーマンスの高い青汁です!

 

栄養バランスの優れた青汁!

青汁三昧の一番の特徴は、非常に栄養バランスに優れた青汁であることでしょう。

栄養価の高いケール・大麦若葉、それに加えて、ゴーヤから作られており、ビタミンだけでなくミネラルと豊富でかつ多くの栄養素が含まれている青汁です。

 

原材料は全て日本国内の素材を使用!

青汁三昧の青汁に使われている原材料は全て国内農家から仕入れたケール・大麦若葉・ゴーヤを使用しており、残留農薬・放射性物質などの400種類もの検査を行い、商品化までに非常に厳しい基準をクリアしたものがユーザーに販売されております。

つまり、非常に品質管理に徹底された青汁であり、食の安全を気にする方にもおすすめですね。

 

テレビショッピングで紹介されている知名度と信頼性!

青汁三昧は、ダイレクトテレショップで販売されており、青汁三昧という商品を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

さらに、これまでに10億杯販売した実績があり、その知名度と信頼性は、これから青汁を購入する方にとっての選択材料の一つとなりますね。

 

「青汁三昧」の健康効果は?

続いて、青汁三昧の健康効果について見ていきましょう。

青汁三昧は、ケール・大麦若葉・ゴーヤから作られている青汁のため、27種類もの栄養素が含まれております。

その中でも特に

  • ビタミンC
  • βカロテン
  • カルシウム
  • 葉酸
  • 鉄分
  • 食物繊維

上記のビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれており、ビタミンCによる免疫力向上効果、βカロテンによる抗酸化作用、葉酸の粘膜の再生・保護作用、鉄分による貧血予防・改善効果、食物繊維による腸内環境改善効果などの健康効果が得られますね。

さらに、青汁三昧はビタミンCの栄養機能食品として表記がされており、1日に必要なビタミンCを補給・摂取に利用できる食品となっておりますね。

しかし、栄養機能食品には、届出等は必要ないため、ビタミンCが栄養素糖表示基準値をしっかりと満たしているという内容のものになりますね。

 

「青汁三昧」の価格は?

続いて、青汁三昧の価格について見ていきましょう。

青汁三昧の大きなメリットとなるのが価格です。

青汁三昧はの価格は、

  • 単品購入の場合、1箱6,000円(税込)+送料600円
  • 定期購入の場合、1箱3,000円(税込)送料無料
  • 3箱定期購入の場合、1箱2,700円(税込)送料無料、3ヵ月サイクル

上記のように、最安で2,700円~から購入することができ、非常に安価に購入し、青汁を飲むことができます。

定期購入の場合、購入回数の縛りもないので、お試ししたい方も、定期購入で申し込んだ方が断然お得です!

そして、3箱定期も、3ヵ月毎のお届けサイクルとなるので、長期に続けたい方は、3箱定期でよりお得に続けられますね!

青汁の価格相場は、4,000~5,000円が多いので、他社製品1箱と青汁三昧2箱分の価格が同等なので、非常にお得感のある青汁と言えるでしょう。

さらにさらに、青汁三昧は、1箱に60包入っていますので、実質他社製品で青汁三昧4箱分程度と非常にコスパが良いでしょう。

 

ネットでの口コミ紹介!

50代女性

仕事が多忙で、食生活が不規則な娘のために、野菜を食べてもらいたいと考えて、青汁三昧を購入するきっかけとなりました。娘のために、買った青汁三昧なのですが、あまりの美味しさに私の方が夢中で飲むようになりました。ビタミンCが豊富に含まれているので、美容効果も高く、毎朝すっきりとした感覚も感じれて非常に助かっています。

60代男性

60代になると、しっかりとした食生活を意識して栄養を摂取しないと健康を保つのは非常に難しいと感じていました。特に私の場合は、野菜を食べる量が少ないので、青汁三昧を飲むことによって緑葉野菜の栄養素をしっかりと摂取できるのは非常にありがたいです。普段は、外食も多いので、青汁三昧を持ち歩き、外食先でもしっかりと飲み、野菜の栄養素を摂取するように心がけています。これからも継続していきたいですね。

50代女性

青汁三昧は、女性が慢性的に不足してしまう鉄分とマグネシウムもしっかりと摂取できるのが魅力です。それに加えて、食物繊維やビタミンCが含まれており、同じ量の栄養を食事で摂取するのは大変ですが、青汁三昧であれば簡単に摂取できちゃいます。不味いというイメージの青汁でしたが、青汁三昧は美味しくてびっくり。飲み始めてから、お腹の調子と肌つやも良くなり非常に満足しております。

70代女性

毎朝、朝食の時に牛乳や豆乳などに混ぜて飲んでいるおかげで、現在になっても病気をしたことがなくずっと健康を維持できています。運動も積極的に行い、夏は登山、冬にはスキーなどをしています。忙しい日々が続くとついつい食生活が乱れがちですが、青汁三昧を飲むことでどんなときも野菜に含まれる栄養素をしっかり摂取できるので非常に助かっていますよ。

青汁三昧の口コミを見てみると、

  • 肌つや、便通、腸内環境改善効果を感じた
  • 美容効果を感じた
  • 野菜の栄養素を気軽に摂取できる

青汁三昧を飲み続けることによって上記のような健康効果を感じている方々が多くいるようですね。

テレビショッピングで、販売されている青汁ということで比較的年配の方に人気のある青汁ですね。

 

「青汁三昧」を実際に飲んでみました!

さて、実際にダイレクトテレショップ「青汁三昧」を飲んでみましょう。

パッケージはスティックタイプで、大麦若葉・ケール・ゴーヤが使われていることがわかりますね。

封を開けてみると、青汁粉末はこんな感じです。

粉末量は、3.3gと平均的な量です。

粒子は、ちょっと粗めかなという印象です。

水で溶かしてみるとこんな感じ。

色は、他の青汁よりもちょっとだけ緑が濃いです。

これは恐らく、ゴーヤの影響かな?と思います。

臭いをかいでみると、ちょっと青臭いニオイがしますね~。

ゴーヤ等も入っているので、仕方ないかなという印象です。

さて、実際に青汁三昧を飲んでみます。

「ゴクゴク…」

「・・・」

まずくはないですが、それほど美味しい青汁ではありませんね。(笑)

青汁を口に入れた時は、それほど臭みを感じませんが、後味で口の中に青野菜の臭みというか、青野菜の独特の風味が広がります。

しかし、ケール・ゴーヤが入っているのにもかかわらず、苦みを一切感じないのは非常に良いですし、飲みやすいと言われるゆえんかもしれませんね。

ネットの口コミでも「美味しい」と書かれていましたが、私はもっと飲みやすい美味しい青汁はあるな~と思いました。

 

購入前の気になるCHECKポイント!

最後に、青汁三昧を購入する前に気になるチェックポイントをご紹介します!

 

大麦若葉・ケール・ゴーヤの独特の風味が感じられる味わいです。

青汁三昧は、ケールやゴーヤが含まれているのにも関わらず、飲みやすいように仕上がっていますが、飲んだ後味には、緑葉野菜の独特の風味、臭み?のようなものが結構感じます。

そのため、臭みや苦みが苦手な方や、美味しい青汁を飲みたいと考えている方にはあまりおすすめできない青汁ですね。

 

まとめ

 

今回、ダイレクトテレショップの「青汁三昧」を購入し、飲んでみました。

この青汁にお勧めな方は…

  • 価格が安く、お得に青汁を飲みたい方!
  • 安価にたくさんの青汁を飲みたい!
  • ビタミンCを積極的に摂取したい方!

青汁三昧の最大の長所は、「金額面・価格面」が一番大きいかなと思います。

1箱60包も入っていながら、2,700円から購入できる低価格!

これは、青汁を選択する際の選択要素になりえるほどの価格メリットでしょうね。

さらに、ダイレクトテレショップでの知名度・販売実績10億杯以上なので、非常に安心して始められる青汁と言えるでしょう。

 

私が潰瘍性大腸炎に効果的だと感じた4つの青汁

1位:食物繊維が豊富で最もおすすめの「大麦若葉青汁」

潰瘍性大腸炎の方が飲む青汁で最もおすすめなのが、こちらの大正製薬「大麦若葉青汁」です。

良い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  2. 食物繊維の含有量が「5.9g/1袋」
  3. とても美味しい味。継続しやすい
  4. 製造会社は「大麦若葉の潰瘍性大腸炎に対する抑制効果」を研究で発見した東洋新薬
  5. 980円(税抜)で飲み始めることができるコスパの良さ

悪い点

  1. 特になし

販売会社「大正製薬」、製造会社「東洋新薬」で、毎日飲むだけに安心感もばっちりであり、腸内環境の改善効果や抗酸化作用、免疫力を高めるためのビタミン・ミネラルも豊富に摂取することができるので、潰瘍性大腸炎の方には最もおすすめな青汁です。

大正製薬「大麦若葉青汁」はこちらから購入できます。(公式HP)

 

2位:21種類の国産野菜を使った「ドクターベジフル青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第2位は、ドクターベジフル青汁です。

良い点

  1. 100%国産(九州産)の野菜から作られている青汁・安心感抜群
  2. 青汁1杯に21種類の野菜のビタミン・ミネラルが含まれている
  3. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(1.0g程度/1袋)

ビタミン・ミネラルを毎日美味しく摂取することができるおすすめの青汁。

 

3位:青黛の原料である藍が含まれている「濃い藍の青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第3位は、「濃い藍の青汁」です。

良い点

  1. 青黛の原料である「藍」が使われている青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  3. 乳酸菌やオリゴ糖が含まれ整腸効果が見込める

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(0.7g/1袋)
  2. 味が独特の味がする

2017年11月に慶応義塾大学の研究で潰瘍性大腸炎に対する有効性が科学的に証明された「青黛」の原料である「藍」が使われており、さらにビタミン・ミネラルも一緒に補給できる非常に珍しい青汁です。

 

4位:まずいが品質最高峰の「サンスター粉末青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第4位は、サンスター「粉末青汁」です。

良い点

  1. 余計なものが一切入っていない品質の高い青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉使用
  3. 青汁1袋の粉末内容量が10gと他社製品の約3倍
  4. 青汁1杯で野菜約100gの栄養価が含まれている
  5. 食物繊維の含有量が(3.6g/1袋)

悪い点

  1. 味がかなりマズく、継続しづらい
  2. 価格が相場より、ちょっと高い

サントリーの粉末青汁は非常に高い品質を誇った青汁であり、青汁1杯で野菜100g分の栄養価を摂取することができる青汁です。

品質・栄養価は非常に優れていますが、味が非常にまずく、飲みずらいのが特徴。

まずくても、継続できる!という方以外はあまり手を出さない方が良いかもしれません。

しかし、品質で選ぶのであれば、これ以上の青汁は他になく、潰瘍性大腸炎の方にも非常におすすめですね。

5位:栄養価バランスが良い「ふるさと青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第5位は、マイケア「ふるさと青汁」です。

良い点

  1. 明日葉の葉・茎・根の全てを使用している
  2. 青汁1杯に含まれるビタミン・ミネラルの栄養価が高い
  3. 抗酸化作用のある「βカロテン」の含有量が多い

悪い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉の使用量が少ない
  2. 食物繊維の含有量も少ない(1.4g/1袋)
  3. 渋めのお茶のような味で好みが分かれる

「明日葉の葉・茎・根」の全てを使っているため、ビタミン・ミネラルの含有量が非常に高い青汁です。

さらに、非常に強い抗酸化作用を持つ「βカロテン」が他の青汁商品に比べて3倍も含まれているのが特徴です。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。