大正製薬「大麦若葉青汁」を実際に飲んでみました!口コミレビュー

青汁は、非常に健康効果が高い健康食品として、1982年にキューサイ㈱がはじめて製造販売され、その健康効果の高さから、一部の健康志向の方々が愛用したことをきっかけに、どんどんと世の中に広まっていきました。

そして、多くの企業が青汁の製造販売に乗り出してきております。

今では、製薬会社までもが、青汁の製造販売を行っており、青汁市場はまさに激化していますよね。

今回は、そんな製薬会社である大正製薬のヘルスマネージ「大麦若葉青汁」を購入して、実際に飲んでみた感想・健康効果・ネットの口コミなどをご紹介させていただきます。

 

「大麦若葉青汁」の特徴は?

今回、私が実際に大正製薬のヘルスマージ「大麦若葉青汁」を購入し、飲んでみた感想についてお話ししようと思います。

 

  1. 大麦若葉・抹茶・緑茶・水溶性食物繊維だけのシンプルな青汁!
  2. 臭みがなく、お茶のように美味しい青汁!
  3. 1袋大内容量の6.8g!食物繊維の含有量が5.9g!
  4. 特定保健用食品なので安心・信頼性は抜群!

 

大麦若葉・抹茶・緑茶・水溶性食物繊維だけのシンプルな青汁!

大正製薬の「大麦青汁」は、大麦若葉・抹茶・水溶食物繊維の難消化性デキストリンから構成されている非常にシンプルな青汁になっております。

そのため、大麦若葉の豊富な栄養素をたっぷりと摂取することができ、特に大麦若葉に含まれている抗酸化作用のあるSOD酵素が私たちの体に大きな健康効果をもたらしてくれますね。

 

臭みがなく、お茶のように美味しい青汁!

大正製薬の「大麦若葉青汁」は、大麦若葉と抹茶・緑茶というシンプルな青汁なのにもかかわらず、お茶のような味わいで非常に美味しい青汁です。

お茶のような味わいなので、多くの方々に愛飲していただける青汁になっていると思いますね。

 

1袋大容量の6.8g!食物繊維の含有量が5.9g!

大正製薬の「大麦若葉青汁」の1袋に含まれている青汁粉末は、大容量の6.8gです!

さらに、粉末の粒子が非常に細かいため、溶けやすいのも特徴になっております。

さらにさらに、1袋に含まれている食物繊維量が何と5.9g!

この食物繊維は、水溶性食物繊維になっており、水溶性食物繊維の働きによって糖の吸収を抑えてくれます。

糖の吸収抑制だけでなく、腸内環境改善にも非常に有効な青汁であると言えるでしょう。

 

特定保健用食品なので安全性・信頼性は抜群!

大正製薬の「大麦若葉青汁」は、特定保健用食品であり、安全性・信頼性は抜群ですね!

特定保健用食品は、表示されている健康効果について、安全性を国が審査を行い、消費者庁が許可している商品になりますので、私たちユーザーとしては非常に安心感のある商品ですね。

さらに、製造販売元が製薬会社の大正製薬であるという点も安心材料になりますね。

 

「大麦若葉青汁」の健康効果は?

続いて、大正製薬の「大麦若葉青汁」の健康効果について見ていこうと思います。

まず、パッケージにも大きく記載されている「食後の血糖値が気になる方に」とありますが、糖の吸収を穏やかにしてくれるという健康効果があります。

これは、水溶性食物繊維が1袋に5.9gも含んでいるためにある水溶性食物繊維の働きであり、健康効果です。

水溶性食物繊維の働きには、糖の急上昇を抑制したり、善玉菌の働きを活発にする作用があります。

なので、大麦若葉青汁も、糖の急上昇を抑制するだけではなく、腸内環境改善にも非常に有効な青汁です。

大麦若葉青汁の100gを摂取することで、

  • ビタミンB2…アスパラガスの約9.5倍
  • 葉酸…小松菜の約6.5倍
  • 鉄分…ほうれん草の約8.8倍

参考:www.taisho-direct.jp

上記の栄養素のように非常に豊富なビタミン・ミネラルを摂取することが可能になっております。

さらに、大麦若葉をメインとした青汁になっておりますので、大麦若葉に含まれているSOD酵素で非常に高い抗酸化作用による健康効果も得ることができますので、潰瘍性大腸炎の自己免疫疾患にも非常におすすめといえますね。

 

「大麦若葉青汁」の価格は?

続いて、大塚製薬の「大麦若葉青汁」の価格について見ていきましょう。

大正製薬の大麦若葉青汁の価格は以下の通りです。

初回購入の場合、980円(税抜)で送料無料、2回目以降は3,420円(税別)

1日当たりに換算すると、約32円(初回購入の方)で飲み始めることができるため非常にお得となっています。

定期購入の購入回数の縛りなどがないため、お試ししたい方も定期購入で申し込んだ方が、初回980円(税抜)で飲むことができるので非常にお得となっておりますね。

ちなみに、青汁の相場価格は4,000~5,000円程度の商品が非常に多いので、価格的にも非常に低価格でおすすめです。

さらに、大麦若葉青汁は、1袋の粉末量も、他社の青汁製品に比べて倍以上の6.8gも入っていますので、さらにお得感は強い非常に金額的メリットの青汁と言えますね。

※1日当たり32円で飲むことができます。

 

ネットでの口コミ紹介!

男性

夕食後に飲用して効果が感じられる。この商品を数か月飲用してこの頃効果かが少しずつ表れて来ました。

女性

おかげで絶好調です。他商品に変えて30袋試用したところ、類似品と比較しても効果は抜群、信頼できる保健食品です。

男性

飲みやすいです、って言うか美味しいw
繊維量で選んだので味は期待してなかったけど、飲み続けるには大切な要因だと思います。
効果は期待通りで、快調です。

大麦若葉青汁のネットの口コミ(出典:Amazonより抜粋)を見ていると、

  • 効果が少しずつ現れた
  • 期待通りで快調
  • 信頼できる商品

上記のようなご意見・健康効果を感じている方がいることがわかりました。

確かに、無名の会社が作っている青汁よりも安心ですし、特定保健用食品と販売するためには、国が効能を認可しているので信頼性も高いですよね。

なので、安全性や信頼性を重視している方にとって非常にお勧めな青汁ですね。

 

「大麦若葉青汁」を実際に飲んでみました!

さて、実際に大正製薬の大麦若葉青汁を飲んでみましょう。

1袋持ってみるとやはり、他社製品の青汁とちがってずっしりと重量感がありますね!

さすが、6.8gの大容量です。

粉末はこんな感じですね!

色は比較的薄く抹茶のような見た目。

そして、粉末は非常に粒子が細かいのが特徴です。

粒子が細かいというのは、非常に溶けやすく粉っぽくない飲み味になりますのでとてもおすすめ!

溶かすとこんな感じですね!

色などは、他の青汁とさほど違いはないですね~。

上から見るとこんな感じ。

抹茶の色合いがちょっとあるかな~と感じます。

臭いを嗅いで見ると、ほんのりと青臭さを感じますが、全く気にならない程度ですね。

さて、実際に大正製薬の大麦若葉青汁を飲んでみましょう。

「ゴクゴク…」

はい、お茶です。(笑)

味は、抹茶強めの後味は緑茶という感じでしょうか。

青汁の嫌な苦み・臭みはほとんど感じません。非常に飲みやすいです。

ただ、厳しく言うと、後味には多少の大麦若葉の臭みが口にほのかに広がりますが、言われないと全く気づかないレベルですね。

これは、お茶としてがぶ飲みできますね~(笑)

口コミでも、美味いと絶賛されていたので、粗を探してやりたいと思いましたが、まさにその通りで美味いですね。

あっぱれ、大正製薬さんです。

 

購入前の気になるCHECKポイント!

最後に「大麦若葉青汁」の購入前に気になるチェックポイントについてご紹介します。

 

味はお茶のように美味しいが、甘い青汁好きの方には向かない

味は、まさにお茶のようにおいし青汁になっておりますが、甘さなどは一切加えられておりませんので、お茶が苦手な方・甘い青汁が好きな方にはおすすめできないですね。

なので、そういった方は、甘めの青汁を選択する方が良いでしょう。

 

大麦若葉のみでその他の栄養素は含まれていない

大麦若葉青汁は、その名の通り、原材料に大麦若葉以外は使われておりません。

そのため、大麦若葉に含まれている栄養素だけしか摂取できませんので、より多くの栄養素をバランスよく摂取したいと考えている方にとっては、物足りないと感じてしまう方もいるでしょう。

そういった方は、大麦若葉・ケール・明日葉・その他にも緑葉野菜などから作られている青汁をお勧めします。

 

まとめ

 

今回は、実際に大正製薬の「大麦若葉青汁」を実際に購入し、飲んでみました。

この青汁が向いている方は、

  • 大麦若葉メインの青汁を飲みたい方
  • 水溶性食物繊維を摂取したい方
  • コレステロール値・血糖値を気にしている方
  • 腸内環境改善をしたい方
  • SOD酵素で抗酸化作用の健康効果を得たい方
  • お茶のような青汁を求めている方

上記のような方々には非常にお勧めな青汁となっておりますね。

さらに、大正製薬の「大麦若葉青汁」は、定期購入の場合、初回購入価格が980円(税込)送料無料と非常に安価で始めやすく、さらに2回目以降も他の青汁商品と比較し、低価格でありかつ、1袋に含まれている青汁の粉末が6.8gと大容量であり、圧倒的に金額的にお得な青汁と言えます。

さすが、大正製薬さんといったところでしょうね。

これは、かなりお勧めな青汁となっておりますので気になる方は、一度お試しください。

※1日当たり32円で飲むことができます。

私が潰瘍性大腸炎に効果的だと感じた4つの青汁

1位:食物繊維が豊富で最もおすすめの「大麦若葉青汁」

潰瘍性大腸炎の方が飲む青汁で最もおすすめなのが、こちらの大正製薬「大麦若葉青汁」です。

良い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  2. 食物繊維の含有量が「5.9g/1袋」
  3. とても美味しい味。継続しやすい
  4. 製造会社は「大麦若葉の潰瘍性大腸炎に対する抑制効果」を研究で発見した東洋新薬
  5. 980円(税抜)で飲み始めることができるコスパの良さ

悪い点

  1. 特になし

販売会社「大正製薬」、製造会社「東洋新薬」で、毎日飲むだけに安心感もばっちりであり、腸内環境の改善効果や抗酸化作用、免疫力を高めるためのビタミン・ミネラルも豊富に摂取することができるので、潰瘍性大腸炎の方には最もおすすめな青汁です。

大正製薬「大麦若葉青汁」はこちらから購入できます。(公式HP)

 

2位:21種類の国産野菜を使った「ドクターベジフル青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第2位は、ドクターベジフル青汁です。

良い点

  1. 100%国産(九州産)の野菜から作られている青汁・安心感抜群
  2. 青汁1杯に21種類の野菜のビタミン・ミネラルが含まれている
  3. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(1.0g程度/1袋)

ビタミン・ミネラルを毎日美味しく摂取することができるおすすめの青汁。

 

3位:青黛の原料である藍が含まれている「濃い藍の青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第3位は、「濃い藍の青汁」です。

良い点

  1. 青黛の原料である「藍」が使われている青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  3. 乳酸菌やオリゴ糖が含まれ整腸効果が見込める

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(0.7g/1袋)
  2. 味が独特の味がする

2017年11月に慶応義塾大学の研究で潰瘍性大腸炎に対する有効性が科学的に証明された「青黛」の原料である「藍」が使われており、さらにビタミン・ミネラルも一緒に補給できる非常に珍しい青汁です。

 

4位:まずいが品質最高峰の「サンスター粉末青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第4位は、サンスター「粉末青汁」です。

良い点

  1. 余計なものが一切入っていない品質の高い青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉使用
  3. 青汁1袋の粉末内容量が10gと他社製品の約3倍
  4. 青汁1杯で野菜約100gの栄養価が含まれている
  5. 食物繊維の含有量が(3.6g/1袋)

悪い点

  1. 味がかなりマズく、継続しづらい
  2. 価格が相場より、ちょっと高い

サントリーの粉末青汁は非常に高い品質を誇った青汁であり、青汁1杯で野菜100g分の栄養価を摂取することができる青汁です。

品質・栄養価は非常に優れていますが、味が非常にまずく、飲みずらいのが特徴。

まずくても、継続できる!という方以外はあまり手を出さない方が良いかもしれません。

しかし、品質で選ぶのであれば、これ以上の青汁は他になく、潰瘍性大腸炎の方にも非常におすすめですね。

5位:栄養価バランスが良い「ふるさと青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第5位は、マイケア「ふるさと青汁」です。

良い点

  1. 明日葉の葉・茎・根の全てを使用している
  2. 青汁1杯に含まれるビタミン・ミネラルの栄養価が高い
  3. 抗酸化作用のある「βカロテン」の含有量が多い

悪い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉の使用量が少ない
  2. 食物繊維の含有量も少ない(1.4g/1袋)
  3. 渋めのお茶のような味で好みが分かれる

「明日葉の葉・茎・根」の全てを使っているため、ビタミン・ミネラルの含有量が非常に高い青汁です。

さらに、非常に強い抗酸化作用を持つ「βカロテン」が他の青汁商品に比べて3倍も含まれているのが特徴です。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。