マイケアの「ふるさと青汁」を飲んでみました!口コミレビュー

どうも!快腸生活のタクローです!

青汁は、平日の午前中のテレビショッピングなどでも多く宣伝・CMなどが流れていますよね。

健康の意識の高いユーザーが多くTVを見ているからだと思うのですが、そんなテレビショッピングにお馴染みの東京都の健康食品製造・販売会社のマイケアが出している「ふるさと青汁」

今回は、そんなテレビショッピングでお馴染みのマイケアの「ふるさと青汁」についてご紹介していこうと思います。

 

マイケア「ふるさと青汁」の特徴は?

マイケア「ふるさと青汁」を飲んでみて、私が感じた特徴は以下の通りですね。

  1. 渋~いお茶のような味わいの青汁です!
  2. 国内産原材料(明日葉・大麦若葉)を使った青汁です!
  3. 栄養価は高めの青汁です!

 

渋~いお茶のような味わいの青汁です!

マイケアの「ふるさと青汁」は、渋いお茶のような味わいであり、若い方と言うよりも、年配の方に支持されるような味わいとなっていますね。

渋いお茶と言う感じですが、後味はちょっと土っぽい感じが口の中に残りますね。

これは恐らく、明日葉の根や茎も原材料として使われているためであると考えられますね。

 

国内産原材料(明日葉・大麦若葉)を使った青汁です!

この「ふるさと青汁」の特徴は、国内原材料の明日葉・大麦若葉・桑の葉にこだわって作られているということですね。

特に原材料を見てみると、明日葉の葉だけではなく、茎や根の全てが使われているのは非常に珍しいですね。

そのため、味わいにちょっと土っぽさを感じますが、栄養価の高い青汁になっておりますね。

 

抗酸化作用を特に得られる青汁です!

ふるさと青汁は、明日葉の葉・茎・根が全て使われているため、「βカロテン」が非常に豊富に含まれている青汁に仕上がっておりますね。

βカロテンは、高い抗酸化作用を持ち、がん予防にも効果があると言われており、あの星野式ゲルソン療法でも一番注目されている栄養素です。

そのため、抗酸化作用をより得られる青汁となっておりますね!

その「βカロテン」を、他社の青汁と比較しても非常に多いです。

他の青汁(1袋)のβカロテンの含有量は60μg~180μgくらいですが、この「ふるさと青汁」は1袋に約210μgも含まれています。

つまり、それだけ抗酸化作用を得ることができる非常に健康に良い青汁であると言えるでしょうね。

 

マイケア「ふるさと青汁」の健康効果は?

続いて、マイケアの「ふるさと青汁」の健康効果について見ていきましょう!

マイケア「ふるさと青汁」の健康効果で一番注目すべきものは「抗酸化作用」ですね。

これは、βカロテンが多く含まれていることからきており、βカロテンは星野式ゲルソン療法でも、がんの予防効果にあると言われており、βカロテンを摂取するために野菜ジュースを大量に飲まれていますよね。

その非常に高い抗酸化作用を持ち、がん予防にもなるβカロテンを多く含むことが何よりのメリットでしょう。

一般の青汁のβカロテンの含有量は、約60~180μg程度で、他の青汁によっては、2倍以上の約210μgも含まれているのです。

それに加えて、免疫ビタミンと言われているLPSも豊富に含まれているのも特徴です。

免疫ビタミンと言われるLPSは、玄米やレンコンなどに多く含まれており、免疫力の向上・がん予防にも聞くと言われております。

このふるさと青汁では、明日葉の茎や根を使うことによって、この免疫ビタミンLPSも豊富に含まれているのです。

なので、マイケアの「ふるさと青汁」は病気療養中の方、潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患の方にも非常におすすめの青汁と言えます。

 

マイケア「ふるさと青汁」の価格は?

続いて、マイケアの「ふるさと青汁」の価格について見てみましょう。

単発購入で購入した場合、3,800円(税抜)+送料600円(税抜)です。

合計金額が、4,752円(税込+送料込)なので、決して安くはありませんが、相場内の価格と言えるでしょう。

定期便で購入した場合は、3,420円(税抜)+送料600円(税抜)です。

合計金額が、4,341円(税込+送料込)なので、定期便にした方が安価に購入することができますね。

送料は、1箱だけの購入では600円(税抜)が掛りますが、2箱以上だと無料となりますので、継続的に飲みたい方は、2ヵ月毎に2箱という購入方法が一番お得になりますよ!

ちなみに定期便は、購入回数の縛りはありませんので、初回から定期便で購入することがおすすめですよ!

さらに、今は14包のサンプル(約2,000円分程度)付きなので、今買うと非常にお得になっていますね!

 

ネットでの口コミ紹介!

30代女性

もともとは、仕事で忙しくしてちゃんとした食事をできていない夫のために購入してきた「ふるさと青汁」ですが、私自身もすっかりと大好きになってしまいました!(笑)子供たちも、ふるさと青汁が大好きになったみたいで、豆乳と混ぜて家族で飲んでいます!私たち家族の健康の源になっています!

50代女性

ふるさと青汁を飲み始めてから、間もなくしてからトイレに行ってすっきりとした感覚を感じましたのをきっかけに、毎日体の調子が良くなってきたと感じています!仕事をしている中にこのふるさと青汁と出会い、最初は「青汁って何?」と思っていましたが、飲み始めたのをきっかけに体の調子も変わってきました。主人からも、友人からも、若々しくなったねと言われるようにもなり、その反応が嬉しくて、今では欠かさず飲み続けています。

70代女性

以前、八丈島旅行に行ったこともあり、明日葉の健康効果の高さを知っていたので、明日葉の葉・茎・根の全てを使った青汁と言うことで、すぐに購入させていただきました。お世辞ではなく、この青汁は本当に良いです。家族全員で飲むようになってから、家族が体調を崩さずに健康に過ごせているのはこのおかげかなと感じています。

30代男性

家族の健康のためにと思い、明日葉の葉・茎・根の全てが含まれているということで購入させていただきました!私は、多少の苦みは気になりませんでしたが、妻はちょっと味がダメということでお気に召さなかったようすです。苦みがもう少しなくなれば、多くの方に受け入れられる青汁になるでしょうね。

「ふるさと青汁」のネットでの口コミを見てみると、

  • 非常に健康効果を感じている
  • 子供も大好き

と言った意見が出ていますね!

つまり、味も栄養成分面も非常にバランスのとれた青汁であるということがわかります。

しかし、「苦み」があることについての口コミもありましたので、苦みがどうしてもだめ!という方は、別の青汁を検討することがいいでしょう。

 

マイケア「ふるさと青汁」を実際に飲んでみました!

実際にマイケアの「ふるさと青汁」を飲んでみました!

パッケージから、お茶のような味なんだろうな~と思わせる、抹茶色のパッケージですね。

顆粒はこんな感じで、他の青汁と違いはほとんどありませんね!

明日葉の茎や根が入っているのも感じさせません。

溶かしてみると、結構濃い~色をしている青汁です。

正直、見た目はあまり美味しそうな色ではないですね。

臭いを嗅いでみると、緑葉野菜の青臭い感じと土臭い感じは多少感じる程度ですが、嫌な感じではありませんね。

さて、そんなマイケアの「ふるさと青汁」を実際に飲んでみましょう!

「ゴクゴク…」

正直、まずいかな~という印象でしたが、意外にイケちゃいます!

どんな感じかと言いますと、濃い~、渋い~緑茶?お茶と言う感じです。

ただ、後味に苦みとちょっと土っぽい風味が口に広がりますが、私の個人的な感想としては全然おいしい分類に入る青汁です。

この土っぽい風味が恐らく、明日葉の根や茎の味なのかなと思います。

お茶っぽいですが、抹茶や緑茶などが含まれていないのが驚きです!

明日葉と桑の葉と大麦若葉しか入っていないにもかかわらず、このお茶のような飲みやすさは非常に驚きですね。

なので、「甘い青汁は苦手」と言う方には非常に青汁とであると言えますね。

さらに、βカロテンが豊富に含まれており、抗酸化作用が高いことから、潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患の方にもおすすめな青汁と言えるでしょう。

しかし、飲みやすいと言っても、後味には苦みと土っぽい風味を感じますので、「おいしく飲みたい!」「苦いのは無理!」と感じている方には向かない青汁ですね。

 

購入前の気になるCHECKポイント!

「ふるさと青汁」を購入する前に知っておきたいCHECKポイントについてご紹介します!

 

後味に苦み、土臭さを感じます!

まず、ふるさと青汁の味についてですが、濃い緑茶のような感じですが、後味には口の中に多少の「苦みと土っぽさ」が広がります。

これは、明日葉の茎や根を原材料として使っているために、感じる苦みであると考えられますね。

ただ、茎や根を入れていることで、栄養成分も豊富になっています。

苦みが苦手な方は、別の青汁を検討するのがいいでしょう。

 

1箱だけなら送料が掛かってしまう!

ふるさと青汁は、1箱だけの購入の場合送料がかかってしまうのがネックでしょう。

これは、定期便にしても同様です。

しかし、2箱以上からは送料が無料になり、定期コースも「毎月」「2ヵ月」「3ヵ月」の3コースからせんたくすることができますので、2カ月コースの2箱ずつ購入すれば、送料はかからないので、3,420円(税抜)だけで購入できます!

定期的に飲みたい方は、2ヵ月置きに2箱、3カ月置きに3箱などの購入方法がお得ですよ!

 

決済にクレジットカードが使えない!

マイケアのふるさと青汁の欠点が、クレジットカード決済が現在使うことができません。

決済方法は、振込(郵便局・コンビニ)と代金引換のみとなっております。

そのため、クレジットカードを普段から使っている方は、多少の不憫を感じるかもしれませんね。

 

まとめ

 

今回は、「ふるさと青汁」を購入し、実際に飲んでみました!

この青汁がお勧めな方は…

  • 渋めのお茶のような味わいの青汁を飲みたい方
  • 明日葉を中心とした原材料の青汁を飲みたい方
  • 抗酸化作用をより感じたい・摂取したい方

上記のような、甘い青汁よりも、渋いお茶のような青汁を飲みたい方に非常にお勧めな青汁となっております。

さらに、βカロテンが非常に豊富に含まれており、抗酸化作用をより期待できますので、潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患の方にもおすすめですね。

販売会社のマイケアは、テレビショッピングなどに良く出ている企業でもありますので、会社の信頼度・安心度というのは、他の会社に比べて非常に高いと言えます。

なので、味・成分・信頼性のどれをとってもバランスのとれたいい商品ですね。

是非、気になる方は一度お試しください。


 

私が潰瘍性大腸炎に効果的だと感じた4つの青汁

1位:食物繊維が豊富で最もおすすめの「大麦若葉青汁」

潰瘍性大腸炎の方が飲む青汁で最もおすすめなのが、こちらの大正製薬「大麦若葉青汁」です。

良い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  2. 食物繊維の含有量が「5.9g/1袋」
  3. とても美味しい味。継続しやすい
  4. 製造会社は「大麦若葉の潰瘍性大腸炎に対する抑制効果」を研究で発見した東洋新薬
  5. 980円(税抜)で飲み始めることができるコスパの良さ

悪い点

  1. 特になし

販売会社「大正製薬」、製造会社「東洋新薬」で、毎日飲むだけに安心感もばっちりであり、腸内環境の改善効果や抗酸化作用、免疫力を高めるためのビタミン・ミネラルも豊富に摂取することができるので、潰瘍性大腸炎の方には最もおすすめな青汁です。

大正製薬「大麦若葉青汁」はこちらから購入できます。(公式HP)

 

2位:21種類の国産野菜を使った「ドクターベジフル青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第2位は、ドクターベジフル青汁です。

良い点

  1. 100%国産(九州産)の野菜から作られている青汁・安心感抜群
  2. 青汁1杯に21種類の野菜のビタミン・ミネラルが含まれている
  3. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(1.0g程度/1袋)

ビタミン・ミネラルを毎日美味しく摂取することができるおすすめの青汁。

 

3位:青黛の原料である藍が含まれている「濃い藍の青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第3位は、「濃い藍の青汁」です。

良い点

  1. 青黛の原料である「藍」が使われている青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  3. 乳酸菌やオリゴ糖が含まれ整腸効果が見込める

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(0.7g/1袋)
  2. 味が独特の味がする

2017年11月に慶応義塾大学の研究で潰瘍性大腸炎に対する有効性が科学的に証明された「青黛」の原料である「藍」が使われており、さらにビタミン・ミネラルも一緒に補給できる非常に珍しい青汁です。

 

4位:まずいが品質最高峰の「サンスター粉末青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第4位は、サンスター「粉末青汁」です。

良い点

  1. 余計なものが一切入っていない品質の高い青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉使用
  3. 青汁1袋の粉末内容量が10gと他社製品の約3倍
  4. 青汁1杯で野菜約100gの栄養価が含まれている
  5. 食物繊維の含有量が(3.6g/1袋)

悪い点

  1. 味がかなりマズく、継続しづらい
  2. 価格が相場より、ちょっと高い

サントリーの粉末青汁は非常に高い品質を誇った青汁であり、青汁1杯で野菜100g分の栄養価を摂取することができる青汁です。

品質・栄養価は非常に優れていますが、味が非常にまずく、飲みずらいのが特徴。

まずくても、継続できる!という方以外はあまり手を出さない方が良いかもしれません。

しかし、品質で選ぶのであれば、これ以上の青汁は他になく、潰瘍性大腸炎の方にも非常におすすめですね。

5位:栄養価バランスが良い「ふるさと青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第5位は、マイケア「ふるさと青汁」です。

良い点

  1. 明日葉の葉・茎・根の全てを使用している
  2. 青汁1杯に含まれるビタミン・ミネラルの栄養価が高い
  3. 抗酸化作用のある「βカロテン」の含有量が多い

悪い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉の使用量が少ない
  2. 食物繊維の含有量も少ない(1.4g/1袋)
  3. 渋めのお茶のような味で好みが分かれる

「明日葉の葉・茎・根」の全てを使っているため、ビタミン・ミネラルの含有量が非常に高い青汁です。

さらに、非常に強い抗酸化作用を持つ「βカロテン」が他の青汁商品に比べて3倍も含まれているのが特徴です。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。