お茶のように美味しい「厳選青汁」を実際に飲んでみました!口コミレビュー

青汁は、飲みやすいように非常に改良が続けられて、様々な食品を入れて美味しい青汁を作ろうと各社青汁製造販売会社は企業努力されていますよね。

そんな中、今回紹介する日本サプリメントフーズ㈱が販売する「厳選青汁」は大麦若葉と抹茶だけという非常にシンプルな作りの青汁です。

そんな「厳選青汁」を実際に購入して飲んでみた感想・口コミ・健康効果についてをまとめてご紹介します。

 

「厳選青汁」の特徴は?

まずはじめに、今回実際に「厳選青汁」を飲んでみて私が最も感じた特徴は以下の通りです。

  • 大麦若葉と抹茶と水溶性食物繊維のみのシンプルな青汁!
  • お茶のような味わいで非常に美味しい!
  • 大内容量の1袋7.7g!
  • 食物繊維の含有量が1袋で6.6g!

 

大麦若葉と抹茶と水溶性食物繊維のみのシンプルな青汁!

厳選青汁は、余計なものを一切排除した「大麦若葉と抹茶と難消化性デキストリン」のでみ作られた青汁です。

そのため、大麦若葉のSOD酵素・ビタミン・ミネラルをたっぷりと摂取することができますね!

なので、SOD酵素による「抗酸化作用」の健康効果を感じたい潰瘍性大腸炎の自己免疫疾患の方にもおすすめの青汁ですね。

 

お茶のような味わいで非常に美味しい!

厳選青汁は、大麦若葉と抹茶しか入っていないので、青汁の味はまずいのでは?と心配されるかと思いますが、非常に美味しいので驚きです!

パッケージに書いてある飲み方を見ると、100mlの水に溶かすと書いていますが、200mlで溶かして飲むとほぼお茶になるので、おすすめですよ!

ただ、パッケージの表記通りの100mlで飲むと多少の大麦若葉の青臭さは感じますが、恐らくほとんどの方は気にならない程度ではないでしょうか?

私が飲んでる青汁は、甘めの青汁ですが、この厳選青汁は私も個人的にも非常に美味しいと感じる青汁ですね!

 

大内容量の1袋7.7g!

厳選青汁の特徴が、1袋は大容量の7.7gの大麦若葉粉末が含まれております。

なので、非常に濃い飲みごたえのある青汁となっていますね。

 

食物繊維の含有量が1袋で6.6g!

厳選青汁のすごいところは、1袋で食物繊維が6.6gも摂取できちゃうんです!

ちなみに、これは水溶性食物繊維であり、水溶性食物繊維は特徴として、脂肪・糖の吸収を穏やかにするという働きがあります。

そのため、厳選青汁で「中性脂肪や血糖値を抑える」という健康効果がうたわれていますが、これはたっぷりと含まれている水溶性食物繊維の働きです。

 

安心の機能性表示食品の青汁!

厳選青汁は、機能性表示食品なので、安全性・信頼性も高いです。

機能性表示食品とは、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品であり、製造販売会社である日本サプリメントフーズ㈱が、安全性や機能性についての根拠を消費者庁にしっかりと届け出してある商品になります。

 

「厳選青汁」の健康効果は?

続いて、厳選青汁の健康効果について見ていきたいと思います。

まず、厳選青汁に含まれている豊富な栄養素は以下の通りです。

  • ビタミンB2…枝豆約9さや文
  • ビタミンE…ひじき大さじ約2.5杯分
  • ビタミンK…セロリ約4.4本分
  • カリウム…しそ約6.3枚分
  • …乾燥わかめ約3.8食分
  • 食物繊維…小松菜約8.8株分

厳選青汁には上記のように非常に豊富な栄養素が含まれていますね!

さらに、食物繊維の含有量は非常に多く、腸内改善効果も高い青汁であると言えます。

さらにさらに、大麦若葉をたっぷりと使っているため、大麦若葉に含まれているSOD酵素もたっぷりと摂取することが可能でしょう。

SOD酵素は非常に高い抗酸化作用がありますので、抗酸化作用の健康効果を感じたい方にも非常におすすめですね。

 

「厳選青汁」の価格は?

続いて、厳選青汁の価格について見ていこうと思います。

厳選青汁は、

  • 単品購入で、5,000円(税抜)送料無料
  • 定期購入で、3,900円(税抜)送料無料

定期購入は、いつでも変更・停止が可能なので、お試しの方も定期購入で申し込んだ方がお得となっておりますよ。

この価格だけを見ると、厳選青汁も青汁の相場内に感じますが、1箱に20袋しかはいっておりません。

ほとんどの青汁は、1箱30袋入っていますので、その点を考慮すると厳選青汁は、割高に感じてしまいますよね。

しかし、他社製品の青汁は、

1箱30袋、1袋の内容量3.0gなので、総青汁粉末量は90gです。

それと比べて、厳選青汁は、

1箱20袋ですが、1袋の内容量が7.7gなので、総青汁粉末量は154g入っています。

なので、厳選青汁は、他社の青汁製品よりは、袋数は少ないですが、1箱に含まれている総青汁粉末量は約60gも多いので、価格的にもお得になるかなと感じますね。

つまり、厳選青汁1袋は、他社製品の青汁2袋分に相当しますので、もし節約して飲みたい方は、1回の無料を1袋の半分だけにすると良いですね。

 

ネットでの口コミ紹介!

40代男性

年齢を重ねても、肉を中心とした食生活が変わらなかったせいか、体系も変わってきてこのままでは健康を害すると感じたので青汁を飲み始めることにしました。お茶のような味で、飲みやすくてとても続けやすいと感じました。これからも、引き続き続けていきたいです。

60代男性

厳選青汁を飲む前も、他の青汁を飲んでいましたが、粉っぽいのが苦手で飲づらかったです。しかし、厳選青汁はサラサラと溶けやすく、味も大麦若葉の臭みもないので、非常に飲みやすいです。血糖値が気になる年齢なので、血糖値を抑えてくれる厳選青汁には非常に助けられております。これからも妻と一緒に飲みたいですね。

50代女性

こちらの厳選青汁は、たっぷりの食物繊維が含まれており、今まで便秘気味でしたが飲み始めて間もなく、毎朝すっきりとした感覚を感じれるようになりました!さらに、厳選青汁を飲み始めてから肌の状態も非常に良くなってきており、女性にも非常にお勧めな青汁ですね。

30代男性

厳選青汁は、お茶のような味で、飲みやすく、大麦若葉の栄養素を摂取できるので良い青汁だと感じますが、1箱に20袋しか含まれていないので、1日1袋飲むと1ヵ月持たないのが残念ですね。1日1袋飲み続けるとちょっと割高に感じてしまいます…

厳選青汁のネットの口コミを見てみると、

  • お茶のように飲みやすい
  • 食物繊維が血糖値を抑えてくれる
  • 腸内改善されて、便秘解消、肌ツヤが良くなった

などの厳選青汁の特徴である、たっぷりと含まれている食物繊維による健康効果を感じている方が多いかなという印象です。

味も、お茶のようで美味しいと評判もいいので非常にお勧めな青汁と言えますね。

 

「厳選青汁」を実際に飲んでみました!

さて、実際に飲んでみましょう!

まず、1袋持ってみた時の重量感がすごいです!

さすが、7.7g!!

これだけ入っているのは、サンスター粉末青汁くらいでしょう!

封を開けてみるとこんな感じです。

粉末は非常に粒子が細かいですね~。

これが、口コミで溶けやすいと言われている由縁ですね。

そして、やっぱり7.7gの粉末はたっぷりですね。

水で溶かしてみました!

色は他の青汁と全く違いはありませんね。

上から見るとこんな感じ!

臭いを嗅いでみると、あれ?

多少の緑葉野菜の青臭さを感じますね~。

さて、実際に厳選青汁を飲んでみます!

「ゴクゴク…」

はい、美味いです!

口コミ通り、お茶のような味わいですね!

ただ、後味にはほんの少しの大麦若葉の青臭さを感じますね。

個人的には、全く気にならないレベルですが!

もし、青臭いのが苦手な方がいるのであれば、200mlで薄めれば、青臭さもなくなり、完全なお茶のような味になりますからおすすめですよ!

私が今飲んでいる青汁もかなり美味しいですが、この厳選青汁は久しぶりにヒットした美味しさですね~。

何と言っても、大麦若葉粉末の粒子が非常に細かいので、粉っぽさは全くなく、非常に舌触りも滑らかな青汁です。

これは、かなりお勧めな青汁ですね!

 

購入前の気になるCHECKポイント!

厳選青汁を購入する前に気になるチェックポイントについてご紹介します!

 

1箱に20袋しか入っていない!

厳選青汁の欠点は、やはり1箱に20袋しか入っていないということです。

もちろん、1箱に含まれている青汁粉末量は、他の青汁製品と比べて多いのですが、1日1袋飲んだ場合、他の青汁製品よりも割高になってしまいます。

1日1袋飲んだ場合、1月に1.5箱必要になりますね。

 

1日1袋飲むと割高になる!

1日1袋飲んだ場合、1月に1.5箱必要になりますので金額にすると、約6,000円です。

う~ん、他の青汁と比べてちょっと割高になってしまいますね~。

なので、金額を重視している方にはおすすめできないですね。

 

まとめ

 

今回は、水溶性食物繊維がたっぷりと含まれている「厳選青汁」を実際に購入し紹介させていただきました!

この青汁にお勧めな方は…

  • 大麦若葉粉末を摂取したい方
  • 大麦若葉のSOD酵素の抗酸化作用の健康効果を感じたい方
  • 食物繊維による腸内改善にしたい方
  • お茶のような美味しい青汁を飲みたい方

厳選青汁は、大麦若葉と抹茶というシンプルな青汁であるにもかかわらず、味も非常に美味しくて、栄養成分、栄養機能性食品という安全性・信頼性の高さ、全てにおいてバランスの優れた青汁だなと感じました。

是非、この青汁は私も継続的に飲みたいと感じる青汁ですね。

 

私が潰瘍性大腸炎に効果的だと感じた4つの青汁

1位:食物繊維が豊富で最もおすすめの「大麦若葉青汁」

潰瘍性大腸炎の方が飲む青汁で最もおすすめなのが、こちらの大正製薬「大麦若葉青汁」です。

良い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  2. 食物繊維の含有量が「5.9g/1袋」
  3. とても美味しい味。継続しやすい
  4. 製造会社は「大麦若葉の潰瘍性大腸炎に対する抑制効果」を研究で発見した東洋新薬
  5. 980円(税抜)で飲み始めることができるコスパの良さ

悪い点

  1. 特になし

販売会社「大正製薬」、製造会社「東洋新薬」で、毎日飲むだけに安心感もばっちりであり、腸内環境の改善効果や抗酸化作用、免疫力を高めるためのビタミン・ミネラルも豊富に摂取することができるので、潰瘍性大腸炎の方には最もおすすめな青汁です。

大正製薬「大麦若葉青汁」はこちらから購入できます。(公式HP)

 

2位:21種類の国産野菜を使った「ドクターベジフル青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第2位は、ドクターベジフル青汁です。

良い点

  1. 100%国産(九州産)の野菜から作られている青汁・安心感抜群
  2. 青汁1杯に21種類の野菜のビタミン・ミネラルが含まれている
  3. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(1.0g程度/1袋)

ビタミン・ミネラルを毎日美味しく摂取することができるおすすめの青汁。

 

3位:青黛の原料である藍が含まれている「濃い藍の青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第3位は、「濃い藍の青汁」です。

良い点

  1. 青黛の原料である「藍」が使われている青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  3. 乳酸菌やオリゴ糖が含まれ整腸効果が見込める

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(0.7g/1袋)
  2. 味が独特の味がする

2017年11月に慶応義塾大学の研究で潰瘍性大腸炎に対する有効性が科学的に証明された「青黛」の原料である「藍」が使われており、さらにビタミン・ミネラルも一緒に補給できる非常に珍しい青汁です。

 

4位:まずいが品質最高峰の「サンスター粉末青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第4位は、サンスター「粉末青汁」です。

良い点

  1. 余計なものが一切入っていない品質の高い青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉使用
  3. 青汁1袋の粉末内容量が10gと他社製品の約3倍
  4. 青汁1杯で野菜約100gの栄養価が含まれている
  5. 食物繊維の含有量が(3.6g/1袋)

悪い点

  1. 味がかなりマズく、継続しづらい
  2. 価格が相場より、ちょっと高い

サントリーの粉末青汁は非常に高い品質を誇った青汁であり、青汁1杯で野菜100g分の栄養価を摂取することができる青汁です。

品質・栄養価は非常に優れていますが、味が非常にまずく、飲みずらいのが特徴。

まずくても、継続できる!という方以外はあまり手を出さない方が良いかもしれません。

しかし、品質で選ぶのであれば、これ以上の青汁は他になく、潰瘍性大腸炎の方にも非常におすすめですね。

5位:栄養価バランスが良い「ふるさと青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第5位は、マイケア「ふるさと青汁」です。

良い点

  1. 明日葉の葉・茎・根の全てを使用している
  2. 青汁1杯に含まれるビタミン・ミネラルの栄養価が高い
  3. 抗酸化作用のある「βカロテン」の含有量が多い

悪い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉の使用量が少ない
  2. 食物繊維の含有量も少ない(1.4g/1袋)
  3. 渋めのお茶のような味で好みが分かれる

「明日葉の葉・茎・根」の全てを使っているため、ビタミン・ミネラルの含有量が非常に高い青汁です。

さらに、非常に強い抗酸化作用を持つ「βカロテン」が他の青汁商品に比べて3倍も含まれているのが特徴です。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。