サンスター健康道場「おいしい青汁」を飲んでみました!口コミレビュー

こんにちは!タクローです。

青汁と言えば、顆粒タイプでしょ?と思われる方も多いと思いますが、缶に入った青汁も出回っています。

そして、こちらの缶タイプは水やお湯で溶かす手間が要りませんので、そのまま飲むことができますし、顆粒タイプのように緑葉野菜などを乾燥させる製造工程がありませんので、新鮮な青汁を飲むことができるというメリットもありますね。

今回は、そんなサンスターから販売されている「健康道場 野菜ピューレ入りのおいしい青汁(缶タイプ)」をご紹介させていただきます。
サンスター「おいしい青汁」の詳細はコチラ

 

サンスター健康道場「おいしい青汁」の特徴は?

私が感じたサンスターのおいしい青汁の特徴は以下の通りです。

  1. 缶タイプにより、新鮮な青汁が飲める!
  2. 野菜を中心に作られた青汁!
  3. リンゴが加えられたことにより、おいしく飲める青汁!

 

缶タイプにより新鮮な青汁が飲める!

粉タイプの青汁だと、乾燥させた青汁粉末を水に溶かしたり、お湯に溶かして飲むのが基本になります。

そのため、新鮮さは粉タイプの青汁はどうしても維持するのが難しいですよね。

さらに、ビタミンは熱に弱い性質の栄養素でもあるため、加熱される過程が増えれば増えるほど、ビタミンが損なわれる可能性が増えてきます。

それに比べ、缶タイプのサンスターのおいしい青汁は、生の野菜の果汁をそのまま缶の中に閉じ込めているため、新鮮さも非常に高くて、ビタミンなどの栄養素の損失も少ないですね。

 

野菜を中心に作られた青汁

サンスターのおいしい青汁の原材料を見てみると…

  • ブロッコリー
  • セロリ
  • キャベツ
  • ケール
  • ほうれん草
  • レタス
  • パセリ
  • 大根葉
  • 小松菜
  • りんご
  • レモン

主に野菜が中心となって構成されており、従来の青汁に良く使われている大麦若葉・明日葉・桑の葉等は使われていませんね。

そのため、青汁独特の青臭さは少なくなっています。

さらに、これらの野菜ピューレも含まれているため、非常にとろみのある青汁となっており、舌触りなども良いです。

 

リンゴが加えられたことにより、おいしく飲める青汁!

サンスターのおいしい青汁には、リンゴ・レモンが含まれているため、青汁ではあるもののフルーティーさも感じることができ、フルーツジュースのようにおいしく飲めるのが特徴ですね。

青汁の中には、青臭くて「マズッ!」と感じる商品もありますが、そんな青臭い青汁に比較すると飲みやすいものになっており、女性にもおすすめの青汁ですね。

 

以上のことから、このサンスターのおいしい青汁は以下のような方々におすすめですね。

  • 健康維持、腸内改善したい方
  • 手間無く、青汁を飲みたい方
  • 野菜の繊維も一緒に摂取したい方
  • 飲みごたえのある青汁を求めている方
  • 新鮮な青汁を飲みたい方
  • フルーツジュースを飲みたい方

上記のような要望・青汁を探している方には非常におすすめですね。

 

サンスター健康道場「おいしい青汁」の健康効果は?

サンスターのおいしい青汁の健康効果について見ていきます。

日本人は、1日に350g以上の野菜を摂取することが望ましいとされていますね。

そのうちの野菜約90g分をこの缶1本で摂取することが可能になっています。

栄養素別にみていくと…

  • ビタミンC…イチゴ約10粒分
  • 食物繊維…バナナ約1.5本分
  • カルシウム…いわし約1尾分
  • 鉄分…ドライプルーン約3個分
  • カリウム…リンゴ約1.5個分
  • βカロテン…ピーマン約4個分

食物繊維は、腸内環境の改善、便秘解消に非常に有効な成分であり、腸壁を刺激することにより、免疫力を向上させてくれます。

βカロテンとビタミンCは、抗酸化作用により、女性には嬉しいアンチエイジングから免疫力の向上までをサポートしてくれます。

普段から、仕事が忙しくて自炊できない方で、野菜不足・ビタミン・ミネラルが慢性的に不足している方には非常におすすめですね。

 

サンスター健康道場「おいしい青汁」の価格は?

サンスター健康道場「おいしい青汁」の価格帯について見ていきましょう。

おいしい青汁は30缶で6,000円(税別)、1缶当たり200円(税別)ですね。

野菜ジュースの価格相場で見ると、6,000円は相場内であると言えますが、粉タイプの青汁の価格相場が4,000~5,000円程度であるため、粉タイプの青汁と比較すると価格は高いです。

なので、低価格に青汁を始めたいという方にはあまり缶タイプの青汁は向いていないので、粉タイプの青汁商品を検討するのがおすすめですね。

 

ネットでの口コミ紹介!

ここでは、ネット上に上がっているサンスターおいしい青汁の口コミを集めてみましたのでご紹介します。

30代女性

今までノンぢた野菜ジュースと比較できないほど濃厚な味わいで、野菜の栄養素もおいしく飲めるのが非常にうれしいです。これから長~く続けられそうな青汁に出会うことができました!

40代女性

今まで飲んでいた青汁とは全く別物でびっくり!青汁の青臭さがなくて、すりおろしたピューレ状の野菜とリンゴがたくさん使われているので、飲みごたえもばっちり!飲むというより、食べる?という感じですね。野菜を摂ったという満足感も感じられる青汁ですね。

50代女性

毎日自分で朝夕の2回、自家製青汁を作っていましたが、めんどうになったため、市販品を色々試していました。その中でこのサンスターのおいしい青汁は、自家製の青汁を同等のおいしさだったので、今ではこちらを選んでいます。

30代女性

普段から、野菜を摂取できておらずに、野菜不足を感じておりました。9種類の野菜で1日に必要な約90gの野菜も摂取でき、自家製ジュースのような味わいと言うことで、子供にも飲ませたいと思ったのが、購入の決め手でした。朝から自家製ジュースを作る手間も省けて、おいしい青汁が飲めて非常によかったです。

 

サンスター健康道場「おいしい青汁」を実際に飲んでみました!

実際に、サンスターおいしい青汁はおいしいのか飲んでみました!

手に取ってみると、片手に収まる非常に可愛い缶の青汁です。デザインパッケージも非常にいいですね。

ネットの感想だと、すごくおいしいとか、満腹感を感じられるとかいろいろ言われていますが…どうなのでしょうか?

コップに入れてみると、非常にとろみのある青汁となっていますね。

これは、野菜ピューレが含まれていることによるとろみだと思われますね。

正直、見た目はそんなにおいしそうではないです…(笑)

臭いをかいでみると…青い野菜の臭いがしますね~。

それに加えて、ちょっとトマトジュースのような臭いもしますが、トマトは含まれていないので私の勘違いでしょう。

コップをゆすってみると野菜の繊維質がより際立ちます。

さて、早速飲んでみます。

「ゴクッゴクッ・・・」

口に入れた瞬間は、リンゴやレモンの甘みと酸味が広がり、非常においしく感じました!

さらに、この青汁はとろみがあり、野菜の繊維もそのまま含まれているので非常に舌触りも良く、「野菜ジュースを飲んだ!」という満足感も得られます。

ただ、後味がケール等の緑葉野菜の青臭い風味は感じてしまいますね!

なので、ネットで出てるような「とても美味しい」「ジュースのような感覚」という感じではないと個人的に思いますが、一般的な青汁に比べると非常に美味しい青汁であると言えますね。

こちらは、ジュースと言うよりも野菜の繊維質も多く含まれているため、スムージーに近いイメージです。

 

購入前の気になるCHECKポイント!

ここでは、サンスター野菜ピューレ入りのおいしい青汁を購入する前に知っておきたい、気になるポイントについてご紹介します。

 

空き缶のゴミが増える!

粉タイプの青汁と比較し、缶に入った青汁のため、飲み終えるとその分空き缶のゴミが増えます。

なので、毎週のゴミ出しの手間は増えてしまうことでしょう。

 

保管に場所を取る!

段ボールに、缶の青汁が30缶送られてきますので、冷蔵庫・収納庫などの場所を取りますね。

粉タイプの青汁の場合は、小さい箱だけですが、缶の青汁は大きめの段ボールになっています。

 

リンゴジュースのイメージが強い方は注意!

サンスターのおいしい青汁の公式HPを見ると、リンゴが含まれていて、フルーティーに飲むことができると記載されており、リンゴジュースをイメージする方も多いかと思いますが、リンゴジュースのようなジュースではないです。

確かに、青汁としては、非常においしいと思いますが、ケール等の青臭い風味は感じますので、その点を考慮して購入することをおすすめします。
サンスター「おいしい青汁」の詳細はコチラ

 

まとめ

 

今回、サンスターのおいしい青汁を実際に飲んでみました!

  • 粉タイプの青汁には抵抗がある方
  • 新鮮な青汁を飲みたい方
  • 少しでも美味しく飲みたい方

9種類の野菜とリンゴで作られている青汁であり、この1缶で約90gの野菜の栄養分を摂取できます。

肝心の味についてですが、正直ネットで書かれているような「すごくおいしい!」と感動するほどではありません。

後味には、ケールなどの青臭さを感じますが、普通の青汁に比べれば、美味しいですね。

そして、野菜のピューレが入っているので、トロッとした青汁となっており、飲んだ後の満足感は非常に大きい青汁ですね。

 

私が潰瘍性大腸炎に効果的だと感じた4つの青汁

1位:食物繊維が豊富で最もおすすめの「大麦若葉青汁」

潰瘍性大腸炎の方が飲む青汁で最もおすすめなのが、こちらの大正製薬「大麦若葉青汁」です。

良い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  2. 食物繊維の含有量が「5.9g/1袋」
  3. とても美味しい味。継続しやすい
  4. 製造会社は「大麦若葉の潰瘍性大腸炎に対する抑制効果」を研究で発見した東洋新薬
  5. 980円(税抜)で飲み始めることができるコスパの良さ

悪い点

  1. 特になし

販売会社「大正製薬」、製造会社「東洋新薬」で、毎日飲むだけに安心感もばっちりであり、腸内環境の改善効果や抗酸化作用、免疫力を高めるためのビタミン・ミネラルも豊富に摂取することができるので、潰瘍性大腸炎の方には最もおすすめな青汁です。

大正製薬「大麦若葉青汁」はこちらから購入できます。(公式HP)

 

2位:21種類の国産野菜を使った「ドクターベジフル青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第2位は、ドクターベジフル青汁です。

良い点

  1. 100%国産(九州産)の野菜から作られている青汁・安心感抜群
  2. 青汁1杯に21種類の野菜のビタミン・ミネラルが含まれている
  3. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(1.0g程度/1袋)

ビタミン・ミネラルを毎日美味しく摂取することができるおすすめの青汁。

 

3位:青黛の原料である藍が含まれている「濃い藍の青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第3位は、「濃い藍の青汁」です。

良い点

  1. 青黛の原料である「藍」が使われている青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある「大麦若葉使用」
  3. 乳酸菌やオリゴ糖が含まれ整腸効果が見込める

悪い点

  1. 食物繊維の含有量が少ない(0.7g/1袋)
  2. 味が独特の味がする

2017年11月に慶応義塾大学の研究で潰瘍性大腸炎に対する有効性が科学的に証明された「青黛」の原料である「藍」が使われており、さらにビタミン・ミネラルも一緒に補給できる非常に珍しい青汁です。

 

4位:まずいが品質最高峰の「サンスター粉末青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第4位は、サンスター「粉末青汁」です。

良い点

  1. 余計なものが一切入っていない品質の高い青汁
  2. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉使用
  3. 青汁1袋の粉末内容量が10gと他社製品の約3倍
  4. 青汁1杯で野菜約100gの栄養価が含まれている
  5. 食物繊維の含有量が(3.6g/1袋)

悪い点

  1. 味がかなりマズく、継続しづらい
  2. 価格が相場より、ちょっと高い

サントリーの粉末青汁は非常に高い品質を誇った青汁であり、青汁1杯で野菜100g分の栄養価を摂取することができる青汁です。

品質・栄養価は非常に優れていますが、味が非常にまずく、飲みずらいのが特徴。

まずくても、継続できる!という方以外はあまり手を出さない方が良いかもしれません。

しかし、品質で選ぶのであれば、これ以上の青汁は他になく、潰瘍性大腸炎の方にも非常におすすめですね。

5位:栄養価バランスが良い「ふるさと青汁」

潰瘍性大腸炎の方におすすめの青汁第5位は、マイケア「ふるさと青汁」です。

良い点

  1. 明日葉の葉・茎・根の全てを使用している
  2. 青汁1杯に含まれるビタミン・ミネラルの栄養価が高い
  3. 抗酸化作用のある「βカロテン」の含有量が多い

悪い点

  1. 潰瘍性大腸炎の抑制効果がある大麦若葉の使用量が少ない
  2. 食物繊維の含有量も少ない(1.4g/1袋)
  3. 渋めのお茶のような味で好みが分かれる

「明日葉の葉・茎・根」の全てを使っているため、ビタミン・ミネラルの含有量が非常に高い青汁です。

さらに、非常に強い抗酸化作用を持つ「βカロテン」が他の青汁商品に比べて3倍も含まれているのが特徴です。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。