食物繊維が豊富なレンコンの健康効果!レンコンと潰瘍性大腸炎

「シャキシャキした触感のレンコン」

「煮物やてんぷらなどの料理にぴったりのレンコン」

カラダに良いのはわかるけど、食物繊維が豊富そうだから食べてもいいのか?と考えている方も多いのではないでしょうか?

根の野菜は非常に腸内環境を改善・向上させるのに非常に有効的であると私は考えています。

今回は、そんな潰瘍性大腸炎とレンコンについて考えていこうと思います。

 

潰瘍性大腸炎を克服した体験談

私は19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症し、ペンタサ・プレドニン・免疫抑制剤などの西洋医学の治療を約5年間受けてきましたが一向に寛解へ向かうことはありませんでした。

そんな時に安保徹先生に出会い、「薬に頼る治療」から「免疫力を高める治療」に移行した結果、現在は薬を飲まず約10年以上健康に過ごすことができています。

私が行った治療方法や安保徹先生が提唱する潰瘍性大腸炎が感知する仕組みは以下で詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

\私がUCを克服した治療法です!/

※2020年10月現在も薬を飲まず、健康に過ごしています。

レンコンってどんな野菜?

まず、レンコンとは、ハスの地下茎が大きく成長した野菜であり、主に日本や中国、インドで栽培されております。

水田のように沼地似て栽培されており、ご存じの通り内部には空洞がある非常に珍しい野菜ですよね。

レンコンは輪切りにすると、多数の穴が開いていることから「先を見通す」という意味合いがあり、縁起が良い野菜ともいわれており、そのためおせち料理などのおかずにもなっています。

きんぴらなどの炒め料理、てんぷらなど、油との相性が非常にいい野菜であり、さらにピクルスなどのお酢との相性も良いいのです。

 

レンコンに含まれる栄養素は?

続いて、レンコンに含まれている栄養素について見ていきましょう。

レンコンと言えば、繊維質な食感から食物繊維くらいしか栄養素が含まれていないのでは?と考えがちですが、実はレンコンで注目すべき栄養素は「ビタミンC」なのです。

驚くべきことに、レンコン100g当たりに48mgの「ビタミンC」が含まれているのです。

このビタミンCの含有量は、レモンにも匹敵すると言われているほどなのです。

ビタミンCと言えば、風邪を引いた時に積極的に摂取するなど、免疫力を高める栄養素として有名かと思いますが、その他にも活性酸素を除去したりする働きがあったり、潰瘍性大腸炎の方も積極的に摂取したい栄養素ですね。

その他に注目すべき栄養素は「ムチン」です。

レンコンを輪切りにした際、ネバネバした液体が出るかと思いますが、これがオクラや山芋などにも含まれている「ムチン」なのです。

ムチンは、私たちの胃や腸などの腸壁などの粘膜を保護する働きを有しているのです。

なので、潰瘍性大腸炎はレンコンに限らず、ネバネバ食材(オクラ・山芋・納豆など)を積極的に摂取した方が良いのです。

そして、最後は食物繊維です。

レンコンに含まれている食物繊維は、実は含有量こそそこまで多くはないのですが、そのほとんどが不溶性食物繊維なのです。

不溶性食物繊維は、当ブログでも何度もお話しさせていただいている通り、私たちの腸内のお掃除をしてくれる野菜であり、腸内環境を改善するためには必須の栄養素です。

なので、潰瘍性大腸炎の方には不溶性食物繊維を積極的に摂取していただきたいですね。

 

潰瘍性大腸炎はレンコンを食べても大丈夫?

上記のことから、潰瘍性大腸炎の方は積極的に食べていただきたい食材であると私は考えております。

潰瘍性大腸炎の原因とも言われている活性酸素を除去するビタミンCを多く含んでおり、私たちの腸壁を保護するムチンも含み、腸内環境を改善し、悪玉菌が放出した有害物質を絡め取り、体外へ排出してくれるデトックス効果の不溶性食物繊維を多く含んでいるので、積極的に食べても全く問題ないです。

なので、ゴボウやニンジンなどと一緒にきんぴらにして是非定期的に食べたいですね。

 

レンコンの美味しい食べ方とは?

ここでは、レンコンの美味しいレシピを集めてみましたので、是非一度作ってみてくださいね。

 

ごぼうとレンコンのペペロンチーノ炒め

<出典:cookpad.com>

レンコンと相性が良い油(オリーブオイル)で炒めたペペロンチーノ炒めです。

レンコンの他に食物繊維が豊富なゴボウも含まれているので、非常に食物繊維を摂取したい方にはおすすめなレシピ。

このレシピの詳細はコチラ

 

きんぴらレンコン

<出典:cookpad.com>

レンコンをメインにしたきんぴらレンコンです。

こんにゃくには水溶性食物繊維が豊富に含まれているので、不溶性食物繊維と両方バランスよく摂取できますね。

このレシピの詳細はコチラ

 

レンコンの和風麻婆炒め

<出典:cookpad.com>

レンコンのアレンジレシピ。レンコンの和風マーボー炒めです。

スタンダードな味付けに飽きた時には是非やってみてくださいね。

このレシピの詳細はコチラ

 

まとめ

 

今回は、潰瘍性大腸炎とレンコンについてまとめてみました。

レンコンには食物繊維が含まれているのはご存じだったかもしれませんが、ビタミンCがレモンに匹敵するほど含まれているのはあまり知られていなかったのではないでしょうか?

あまり、食卓に頻繁に並ぶ食材ではないかもしれませんが、根の野菜は潰瘍性大腸炎の方には非常におすすめになっております。

なので、大根・ゴボウ・ニンジンなどの根のものを積極的に摂取することがおすすめです。

普段の食事を見直し、高ビタミン・高ミネラル、食物繊維を積極的に摂取し、腸内環境を改善し、免疫力を向上させることが潰瘍性大腸炎を克服する第一歩になりますので、ぜひお試しください。

 

2010年から約10年間以上、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

※2020年10月現在も健康に過ごしております。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

※2020年10月現在もありがたいことに健康に過ごしています。

ABOUTこの記事をかいた人

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。