食物繊維を効果的に摂取!潰瘍性大腸炎と麦飯の健康効果とは?

普段の食卓で麦ご飯を食べる機会、ありますか?

とろろご飯の時や、お店で牛タン定食を食べる時などでしかあまり口にしない方が多いと思います。

白米派の人が大半を占めていると思われるので、麦ご飯というと健康思考なのかなという印象を持ちますよね。

最近ではカフェや定食屋さんでも白米と麦ご飯などを選択できるお店も増えつつありますが、食感や風味などから好き嫌いが分かれる麦ご飯。

私の自宅の食卓は、雑穀米ですが、麦飯とはどのような違いがあるのでしょうか?

なんとなく体には良さそうなイメージはありますが、実際はどのくらい健康効果があるのかまとめてみました。

 

麦飯とは?

麦ご飯とは、大麦などの麦のみ、もしくは白米と麦を混ぜて炊いたご飯のことです。

白米が不足していた時代には麦ご飯が主流でしたが、白米の生産が安定している現代では健康食や献立に合わせて食するように変化していきました。

麦とはイネ科の穀物の総称で、麦ご飯に使用される麦は大麦が主流となります。

大麦はそのままだと水分吸収が悪く消化にも良くないため、ローラーで平たく加工した押し麦がスーパーではよく販売されており、麦ご飯には一般的に押し麦が使われます。

白米に比べ粘り気が少なく固い食感が特徴で、好みが分かれるのはこのためでしょう。よって炊く際には水加減の調節が大切で、麦ご飯が一番おいしいと感じられる比率は白米:麦=7:3の割合だそうです。

麦は白米と比べビタミンが豊富で、麦ご飯から白米が好まれるようになった際にビタミン不足から脚気という神経障害が流行したのは時代ドラマなどでも描かれています。

 

麦飯に含まれる栄養素について

麦ご飯は白米に比べ含まれる栄養素が豊富です。

特に食物繊維が豊富で、穀物の中では大麦が食物繊維含有量ナンバー1です。

しかも不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれています。

不溶性食物繊維とは便のカサを増やして排便を促すため、便秘解消効果や腸内の有害な物質も排出する作用も持っています。

水溶性食物繊維とは糖分の体内吸収を緩やかにする働きがあるため血糖値の上昇を抑える作用、また脂肪の吸収を抑える作用、コレステロールを減少させる作用があります。

また、緩やかに吸収するため腹持ちがよくなる事も特徴の一つです。

他にも、ビタミン類、タンパク質も含まれており、カルシウムはお米の3倍、カリウムは2倍含まれています。

カルシウムは骨や歯だけでなく筋肉や血液を作るためにも必要な栄養素です。

現代の日本人は慢性的にカルシウムが不足していると言われており、日常で摂取しやすい牛乳1杯約200mlでは1日分の1/3にしかならないと言われています。

意識して摂取しないと不足しがちな栄養素が麦には含まれているんですね。

 

麦飯を食べた方が良い方とは?

白米オンリーで食べるよりも麦を少し混ぜるだけで健康効果が増すことがわかりました。

麦ご飯の健康効果として一番身近なのは、やはり腸内環境改善・便秘改善効果でしょう。

上記にもありますが、食物繊維が本当に豊富。

白米には水溶性食物繊維は含まれていませんし、不溶性食物繊維は白米の約4倍も含まれています。

普段の食生活から食物繊維を摂るのは、かなり意識して積極的に摂取しなければ難しいため、主食であるご飯から摂取できたら嬉しいですよね。

また、糖尿病や肥満の予防にも効果があると考えられます。

白米と大麦では糖質の量が約2倍の違いがあり、さらに大麦に含まれる水溶性食物繊維の血糖値上昇を抑える効果により、自然と糖質制限をすることができるのです。

ご飯はしっかり食べたいけど糖質が気になる方には非常におすすめです。

少し固め食感の麦を混ぜることで噛む回数も増え、満腹中枢が刺激されると食べる量も自然と抑えることが出来ると考えられます。

食べないダイエットよりしっかり食べて減量する方が体にとっては優しいですし、潰瘍性大腸炎の方は特に食物繊維を積極的に摂取した方が良いので白米を麦飯、または雑穀米・玄米に変えることをおすすめしています。

 

麦飯の美味しいレシピ集!

少し食感が気になるけれど、麦を少しずつ混ぜでいき慣れていけば必ず食べる主食のご飯でかなりの健康効果が期待できそうなことがわかりましたね。

食感に慣れていくためにはどんなレシピがいいのでしょうか。

 

定番!麦とろ飯

<出典:cookpad.com>

やはり麦ご飯との相性ナンバー1はとろろご飯!

以下のレシピには炊き方も詳しく載っています。

>>このレシピの詳細はコチラ

 

マグロのネバネバ丼

<出典:cookpad.com>

とろろにも食物繊維が含まれていますし、胃腸の細胞壁を守ったり荒れた粘膜を修復してくれるムチンという内蔵粘膜成分が含まれているため麦ご飯とタッグを組めば最強のコンビになるのです。

冷たいとろろをかければ夏の食欲不振でも食べられそうですし、まぐろを乗せて鉄分やDHA・EPAもさらにプラス!

>>このレシピの詳細はコチラ

 

麦飯トマトリゾット

<出典:cookpad.com>

また、固め食感の麦ご飯はリゾットもおすすめです。

トマトにはリコピンと言うがん予防に効果的な栄養素が含まれているので、健康にもとてもGOOD!

>>このレシピの詳細はコチラ

 

まとめ

 

水分量に気をつければ炊飯器でも簡単に炊くことができるので、調理過程が少なくかつ健康的な食事になるのは非常に嬉しいですね。

電子レンジで温めて食べられるパックご飯でも麦ご飯が販売されていますので、まずは試してみたいという方はそこからチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

さっそく今夜のご飯から、麦飯・雑穀米・玄米の食物繊維を豊富に含む食品を始めてみてはいかがでしょう。

腸内環境を改善し、免疫力を向上させることこそ、潰瘍性大腸炎を克服する第一歩です。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。