潰瘍性大腸炎の原因は口内のクレブシエラ菌?新しい治療法開発に期待?

「潰瘍性大腸炎の症状が回復しない…」

「ステロイドも免疫抑制剤も効かない…」

「新たな治療法が開発されないかな…」

潰瘍性大腸炎は難病指定されており、これと言った完治させる治療法がないのは皆さんも周知の事実かと思います。

上記のように、症状が回復せず、今ある治療法では対応できずに悩んでいる方も多いでしょう。

そんな方には、朗報です。

2017年10月20日に潰瘍性大腸炎の方には非常に興味深い研究結果が発表されましたね。

今回は、そんな潰瘍性大腸炎と新たな原因、新たな治療方法・治療薬が開発に進むのかについて考えていこうと思います。

 

口内細菌がクローン病・潰瘍性大腸炎の原因?

10月20日に発表された研究結果の内容は、私たちの口の中にいる細菌が、小腸や大腸に「定着し」増え続けていくと、クローン病や潰瘍性大腸炎などの慢性腸疾患を発症させたり、悪化させる原因になる可能性があると慶応義塾大学と早稲田大学の共同研究チームがマウスの実験により確認され、アメリカの科学誌サイエンスに発表したというものです。

潰瘍性大腸炎に関する研究結果が色々出ていますが、今回の発見は潰瘍性大腸炎・クローン病の完治に役立つのではないかと、個人的には感じております。

 

口内に潜む細菌「クレブシエラ菌」が原因?

<出典:news.mynavi.jp/news/>

今回の慶応義塾大学と早稲田大学の共同研究チームによる研究結果を私なりに簡単にお話ししようと思います。

ご存知かと思いますが、私たち人間の口から消化管には多くの常在菌が存在しております。

その細菌群は人間の消化活動や免疫機能に大きく関与しています。

しかし、その私たちのカラダに潜む細菌群は潰瘍性大腸炎やその他の病の発症などに大きく関与していると言われておりますが、なぜ細菌群の変化が潰瘍性大腸炎などの発症につながるか等は不明とされていました。

そんな中、今回の研究では、クローン病患者の唾液を無菌マウスの腸内に投与したところ、炎症を発生させる可能性がある細胞ヘルパーT細胞(TH1細胞)が増加していることがわかったのです。

そして、その後クローン病患者のどの口内細菌が炎症要因細胞を増加させているのかを調べると、「クレブシエラ属」という細菌が腸内の炎症を発症させる細胞を誘導していることがわかったのです。

さらに、健康な実験マウスの腸内にこの「クレブシエラ属」の細菌を投与しても、腸内で繁殖・増殖することなかったのです。

そして、抗生物質を投与した実験用マウス(腸内細菌バランスを崩したマウス)に「クレブシエラ属」の細菌を投与してみると、腸内に定着し、繁殖が確認され、炎症要因細胞の誘導を招いていることが分かったのです。

上記の実験ではクローン病患者の唾液を用いた実験となっておりますが、潰瘍性大腸炎の唾液による実験においても、「クレブシエラ属」の細菌が、腸内に定着し、炎症要因細胞の増加が確認されたということです。

つまり、簡単に言うと潰瘍性大腸炎患者とクローン病患者は、口内に潜む「クレブシエラ属」の細菌が、何らかの原因(抗生物質投与による腸内環境の悪化)により、腸内に「クレブシエラ属」の細菌が定着・繁殖したことが起因して、炎症要因細胞を多く腸内に誘導してしまったため、腸炎症疾患を発症したということになりますね。

>>この研究結果ニュースの原文はコチラ

 

唾液で潰瘍性大腸炎とクローン病はうつるのでは?

この記事だけを見ると、「潰瘍性大腸炎患者・クローン病患者の唾液を摂取してしまうと、病気が移るのでは?」と考えてしまう方が出てきてしまいますよね。

ここで注意してもらいたいのは、この炎症要因細胞を招くとされている「クレブシエラ属」の細菌は、潰瘍性大腸炎やクローン病患者だけでなく、健全者の方々の口内にも存在しているということも発見されております。

さらに「クレブシエラ属」の細菌が腸内に増加したとしても、腸内に「定着・繁殖」しない限り、炎症要因細胞は増加しないことが分かっています。

つまり、健全な腸内環境・免疫機能がしっかりしていれば、「クレブシエラ属」の細菌が一時的に腸内に侵入したとしても、定着・繁殖することはないということです。

 

この研究結果を読んだ私が思うこと。

今回の研究を読んで非常に新しい治療開発に役立つ研究結果かなと個人的に思います。

この研究結果から特に感じた点・疑問に感じた点は以下の4点です。

 

①そもそも薬(抗生物質)が原因している。

そもそも、この「クレブシエラ属」の細菌が私たち人間の腸内に定着する原因と言うのは、「腸内環境の乱れ・免疫機能の乱れ」が要因しているということです。

研究結果では、抗生物質を摂取したことによる腸内細菌の乱れにより、バリア機能が弱まり、「クレブシエラ属」の細菌の定着・繁殖が引き起こされている可能性があるとのことです。

つまり、薬を飲めば大丈夫!この医師の言うことを聞いておけば大丈夫!と考えることがどれほど危険かということですね。

今まで、病を治すために飲んでいた抗生物質の飲み過ぎには注意が必要と書いていますが、どれくらいが飲み過ぎになるのかという問題も出てきます。

薬は、最低限にした方が良いなと言うことを私個人は再認識しました。

 

②口内細菌が起因しているのであれば、今の治療は一体…

口内細菌が起因しているのであれば、現在のステロイド・免疫抑制剤を使った治療は、まさにお門違いということです。

そんな治療を患者に勧めながら、「潰瘍性大腸炎は治らない」と言っている医師って一体なんなんでしょうか。

医師と言っても、ただ単にマニュアルに載っている治療を勧めているだけだなと再確認しました。

 

③腸内環境の重要性

当ブログでは、度々腸内環境の向上が潰瘍性大腸炎の克服につながるとお話しさせていただいております。

この研究結果により、その点も、さらに自信を持って言えるようになったと感じております。

そもそも、腸内環境がしっかりと良い状態で維持されていれば、「クレブシエラ属」の細菌の定着は起きなかったのですから。

 

④食物繊維の重要性

腸内環境を改善・向上させるために、一番必要なのは食物繊維です。

潰瘍性大腸炎が食物繊維を摂ったらいけないと言われておりますが、その点もこの研究結果により、見直されればなと感じました。

 

まとめ

 

今回は、潰瘍性大腸炎と新しい研究結果について考えてきました。

この研究結果を見て、様々なことを思うかと思います。

私は、上記で述べたように腸内環境の重要性・食生活の重要性を感じました。

なぜなら、腸内環境を改善・向上させるのは食生活ですので。

是非、今回の研究結果を多くの潰瘍性大腸炎の方にご覧いただき、今の治療法のあり方が正しいのかについて考える機会になってもらえればなと感じました。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。