マーガリンって体に悪い?潰瘍性大腸炎とマーガリンの健康効果とは?

パン食の方にはかかせないマーガリン。

朝はパン派という方のなかには、毎日食べている方も多いのではないでしょうか。

バターよりも安価なため、料理やお菓子作りの際にバターの代用品として使われる方もいらっしゃるかと思います。

家計に優しいマーガリンですが、実は体にとってはあまり良くないものであることはご存知でしょうか?

値上げの波の中ついマーガリンで代用しがちですが、今回は潰瘍性大腸炎とマーガリンと健康の関係についてまとめてみます。

 

マーガリンって一体どんな食べ物?

マーガリンとは植物性の油を原料として、バターに似せて作られた加工食品です。

原料となる精製した油脂に添加物をまぜ練り上げて作ります。

冷蔵庫で保管しても柔らかさを保つため、パンなどにも塗りやすいのが特徴的です。

カロリーオフ製品や、風味付き製品、チューブタイプ製品など様々な商品が発売されているのも使いやすさの一つですね。

風味豊かなバターに比べ、柔らかくあっさりした風味のマーガリンの方が好みな方も少なくないでしょう。

バターは原料の牛乳を分離させ脂肪分を固めるため動物性となり、植物性油のマーガリンの方が体にいいような気もします。

たしかに動物性の脂質は摂りすぎると生活習慣病の原因にもなりうる為食べすぎには注意です。

しかしながら、ここで注目したいのがマーガリンの製造過程です。

油脂を加工する過程で生成されてしまう「トランス脂肪酸」が問題児で、人口のトランス脂肪酸は人体に悪影響を及ぼすことがわかってきたのです。

 

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸とは、水素原子の結合の違いから天然と人口の二種類が存在しています。

天然のトランス脂肪酸は食品中、主に牛肉や乳製品に含まれます。

これは食品の元となる動物の体内で作られるためです。

次に人口のトランス脂肪酸とは、油脂を加工する際の化学反応によって作られてしまう物質です。

マーガリンの場合は、原料となる油脂を固める際に行う水素添加という加工技術を加える際に発生します。

また、植物からの油を精製する際の高温処理などもトランス脂肪酸を作るきっかけとなるようです。

植物油の高温処理でもできてしまうということは、ご家庭でよく行われる揚げ物油の再利用等などでも作られてしまう、実は私たちにとって身近な物質なんですね。

なぜトランス脂肪酸が危険視されているかというと、様々な病気のきっかけをつくってしまうからなのです。

 

マーガリンには要注意!

脂肪酸とは、私たちの体の細胞を作る役割を担っているため脂肪酸=完全悪というわけではありません。

エネルギー源にもなりますので、バランスよく摂取することは大切です。

ですがトランス脂肪酸の影響は中性脂肪が増える、善玉コレステロールを減らし悪玉コレステロールを増やす、アトピーや喘息などアレルギー疾患の原因にもなりうるなど悪影響ばかりです。

中性脂肪が増えるということはまず思い浮かぶのがメタボリックシンドローム。

ダイエットに励むのは今や若い女性だけではないはず。

ダイエットのためにはバランスの良い食事は大前提ですが、こういった目に付きにくい部分でも注意が必要ですね。

また、中性脂肪が高くなると血液がどろどとになり、動脈硬化が起こりやすくなります。

悪玉コレステロールも増えることで、血管に壁ができ血流を阻害し動脈硬化のきっかけとなります。

動脈硬化が起こりやすくなることは心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを増やすことにつながるのです。

また、トランス脂肪酸は体内に入ると不安定な細胞膜を作る原因となり、免疫機能を弱まらせてしまいます。

結果としてウイルスや細菌、アレルゲンなども体内に侵入しやすくなりアレルギー疾患の原因にもなってしまうんですね。

授乳中の方はトランス脂肪酸を摂取すると母乳中に分泌され、乳児に与えることでアレルギー体質、アトピー体質になってしまうこともあるので特に注意が必要です。

 

マーガリンを使わず代用レシピ

バターは高い、でもマーガリンなどは避けたいときに思い浮かぶのがオリーブオイル。

しかし高温処理をする際にトランス脂肪酸が作られてしまうため、オリーブオイルを購入する際はエクストラバージンオイルと表記されているものを購入しましょう。

エクストラバージンオイルは純粋に絞っただけで高温処理をしていないため、トランス脂肪酸の心配はありません。

また、カロリーも抑えることができ嬉しいことばかりなため、ぜひご家庭では出来る範囲で代用していけると良いですね。

 

<オリーブオイル代用でクッキー>

<引用:cookpad.com

 

<オリーブオイル代用でホワイトシチュー>

<引用:cookpad.com

 

<オリーブオイル代用でスコーン>

<引用:cookpad.com

 

まとめ

 

今回はマーガリン、主にトランス脂肪酸の体への影響についてまとまてみました。

マーガリンを含め、意外と身近な存在であることがわかり驚きですね。

最近ではトランス脂肪酸が少ないマーガリンも発売されているため、購入の際には表記の確認が大切です。

また、トランス脂肪酸が気になると言ってバターを使用するのも良いですが、バターは動物性脂質を多く含みますので摂り過ぎはもちろんNGです。

潰瘍性大腸炎を患っているのであれば、マーガリンは摂取しない方が良い食品の一つですね。

普段から、脂肪・動物性たんぱく質の摂取削減を心がけることを意識して見てください。

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。