損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の『新・健康のお守りハート』の特徴は?潰瘍性大腸炎の保険選び

『新・健康お守りハート』は、持病を持っている人でも、加入しやすい医療保険となっています。

潰瘍性大腸炎など、難病指定されている病気を患っていて医療保険に加入しやすいと思っている人は多いと思います。

ここでは持病を持っていても加入できる『新・健康のお守りハート』の特徴について解説したいと思います。

 

簡単な告知で申し込みができる!

通常、生命保険や医療保険に加入する際には、医師の診査やご自身の健康状態を保険会社に告知することが必要となり、保険会社が認める健康状態でなければ、加入することができません。

保険会社が指定する告知内容は、3ヶ月以内や過去2年、過去5年以内に怪我や病気をしていないか等、詳細に渡っていることが一般的です。

しかし、この告知内容を簡素かしている保険があり、『引受基準緩和型保険』と呼ばれています。

ここでご紹介する『新・健康お守りハート』も引受基準緩和型保険の中の1つ『限定告知医療保険』となっており、3つの告知内容に該当しなければ、加入できる医療保険となっています。

・今後3ヶ月以内に入院や手術の予定がある。

・過去5年以内に、『がん・上皮内がん・肝硬変』で医師の診察や検査、治療、投薬または入院や手術をしたことがある。

・過去2年以内に、怪我や病気で入院や手術をしたことがある。

このように、指定されている病気が限られており、簡素化された告知内容となっています。

さらに、過去2年以内の入院や手術をしていても、内容によっては該当していても絶対に加入できないわけではありません。

仮に、骨折などで入院や手術をしていても、完治していれば問題がないということになり、保険会社が保険加入を引き受けてくれることになります。

 

先進医療の技術料を、通算2,000万円まで保障されている

病状によっては、先進医療で治療を受ける場合もあります。

しかし、その場合の『先進医療の技術料』は、公的負担から除外されており、全額実費となっているのです。

通常の治療であれば、3割負担などで公的負担を受けられることに対し、全額実費となると、かなりの負担を背負うことになります。

その時に役立つのが、新・健康お守りハートに付加されている『限定告知医療用先進医療特約』です。

先進医療にかかる技術量の実費分を保険会社が補償してもらうことができ、医療保険加入中であれば、通産して2,000万円まで保障してもらうことができます。

現在は、医療技術も発達しており、先進医療を使って治療を行うことも増加傾向にあります。

しかし、残念なことに先進医療に対してはまだ公的負担を受けることができないことが実状です。

そのような背景から保険会社も一般の医療保険を含め、先進医療に対する保障を充実するように進化してきています。

気になる保障内容

簡単な告知で医療に加入できるだけに、気になるのがその保障内容です。

保障内容については以下の通りです。

 

【入院の保障】

入院した場合の1日あたりの保障金額は、3,000円から1万円まで、1,000円単位で自分で決めて加入することが可能です。

さらに、三大疾病ともいわれる『がん・心筋梗塞・脳卒中』で入院した場合には、入院通算日数無制限で保障してもらうことが可能です。

 

【手術の保障】

入院日額の設定金額に応じて、保証金額が設定されます。

例えば、入院日額が1万円で加入した場合は、手術内容に応じて10万円から40万円まで保証してもらうことが可能です。

さらに、手術の保障回数には限度が設けられておらず、回数については無制限となります。

 

【選べるオプション】

・三大疾病で入院した場合、1回の入院に対する日数無制限保障

・三大疾病によって保険会社所定の事由に該当した場合、以後の保険料の支払いが免除

 

このように、主契約となる医療保険に特約を付加することにより、さらに保障を充実させることが可能です。

しかし、オプションを付加するにあたっては、基本の告知内容以外に4つ目の告知項目が必要となりますので、該当した場合にはオプションを付加することができない場合もあります。

過去2年以内に、『急性心筋梗塞・再発性心筋梗塞・くも膜下出血・脳内出血・脳梗塞』で、医師の診察や検査、治療や投薬、入院、手術を受けたことがあるかという内容が、4つ目の告知内容となります。

 

加入する時には、注意しておくべき点

保険会社も持病の方への保障のリスクを背負うこととなりますので、ある程度の制度を取り入れる必要があります。

知っておかなければ、思った程の保障を受けられなかったということに繋がりますので、必ず頭に入れておきましょう。

  • 加入後1年間は、保障内容の半分の金額しか保証されない。
  • 三大疾病以外での入院の日数には、1回の入院につき60日までしか保証されない。
  • 退院後、前の入院に起因する怪我や病気で180日以内に再入院した場合は1回の入院として扱われる為、60日を越えた日数については保障されない。
  • 加入中の入院日数の通算は、三大疾病を除き、1,000日までの保障となる。

このように、保険会社が補償してくれる内容にも、限度が設定されていますので、加入時には必ず確認するようにしましょう。

 

まとめ

病気を患ってしまい、一般の医療保険に加入できなかった場合でも、告知内容に該当しなければ加入できる医療保険があります。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の『新・健康のお守りハート』では、持病を持っている方でも比較的加入しやすいように、限定告知型の医療保険が販売されており、その保障内容もある程度保障されています。

しかし、やはり一般の医療保険に比べ、1回の入院日数に対する保障日数が短いなど、三大疾病以外での長期にわたる入院については保障されません。

持病を持っている方でも、病状によっては一般の医療保険に加入することができる場合もあります。

まず最初は、一般の医療保険への加入を検討し、加入できなかった場合に『新・健康お守りハート』への検討をしてみてはいかがでしょうか。

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。