楽天生命保険の『楽天生命たよれるスマート』の特徴は?潰瘍性大腸炎の保険選び

『楽天生命たよれるスマート』とは、持病や既往症があって、一般の生命保険や医療保険に加入できない人を対象を対象して楽天生命が販売している医療保険です。

今では、数々の保険会社が持病を持った方でも加入できる医療保険を販売しており、CMでもよく見聞きするようになりました。

ここでは、『楽天生命たよれるスマート』では、どのような医療保障が可能になるのかを、徹底解明したいと思います。

 

3つの簡単告知で加入できる

過去に入院や手術をしたり、現在通院中や持病を持っている人でも加入できるように、告知内容は実に簡素化されています。

・直近3ヶ月以内に、入院や手術、先進医療をすすめられたことがあるか。

・過去2年以内に、怪我や病気で入院や手術をしたことがあるか。

・過去5年以内に、がんや肝硬変、慢性肝炎により、医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか。

引用:楽天生命保険公式HPより

上記3つの告知内容に該当しなければ、基本コースに加入することが可能となります。

 

基本コースの内容とは?

入院や手術への保障に加え、先進医療に対する保障も兼ね備えているコースです。

持病がある方にとっては、基本コースに加入した場合、どれくらいの保障があるのか気になるところですね。

この医療保険では、入院日額を決めることで、手術の保障額も決まります。

入院日額は、1日あたり5,000円と1万円を保障する、どちらかで選択することになります。

手術に対する保障は、手術内容によって、この入院日額の2.5倍から5倍までの金額が保障されます。

例えば、入院日額を5,000円として加入した場合、入院1日あたり5,000円、手術保障は2.5万円から5万円となり、手術内容によっては最大5万円まで保証されることになります。

ただし、保険加入後1年間は、免責期間となり保障金額の半分しか保障してくれないので、覚えておきたい点となります。

上記の入院や手術保障に加え、基本コースには、先進医療に対する保障を持てることが、この保険の大きな特徴とも言えます。

先進医療保障は、入院日額に左右されず、先進医療に関する技術料の実費分が保障され、、険期間で通算2,000万円までを限度として保障されます。

保険種類によっては、基本保障にプラスアルファで保険料を支払わなければ、先進医療に対する保障を持てない保険もあります。

そう考えると、魅力的な保障内容が加えられていると言えるでしょう。

 

がんへの保障を備えることができる『安心コース』

基本プランでの告知以外に、2項目の告知をプラスすることにより、該当しなければ『安心コース』に加入することができます。

・現在および今までに、がんを患ったことがあるか

・過去2年以内に、医師による診察・検査、健康診断、がん検診、人間ドッグを受けて所定の病気や所見を指摘されたことはあるか(再検査で、「良性」または「異常」であれば除外)

所定の病気には、『ポリープ・腫瘍・腫溜、B型またはC型肝炎ウィルスキャリア、細胞診や組織診の異常、腫瘍マーカーの異常、乳房の異常』が告知の対象となります。

安心コースでの、ガンへの保障内容は?

・はじめてがんと診断確定された時に、1回に限り50万円が受け取れる『がん給付金』

・はじめて上皮内新生物と診断確定された時に、1回限り5万円が受け取れる『がん給付金』

・はじめてがんと診断確定されてから、1年経過後にがんで入院した時に、1回につき50 

 万円が受け取れる『がん治療給付金』

上記3つの保障が、基本コースにプラスされます。

ただし、『がん給付金』は、それぞれ責任開始日から90日が経過した翌日から、保障の対象となり、90日以内に、がんと診断確定された場合は、保障外となります。

また、『がん治療給付金』は、通算して2回までを限度として、1回目の支払い事由に該当した日から1年経過した翌日以降に入院した場合にのみ、2回目の給付を受け取ることができます。

上記の内容を満たせば、『安心コース』による給付金は、加入から1年経過していなくても、保障されることになります。

 

『限定告知型医療保険』であるが故のデメリット

簡単な告知で、更に持病があっても加入できる『限定告知方医療保険』は、一般の医療保険に比べて保険会社がリスクを負うことから、保険料は一般の医療保険よりも高く設定されています。

また、1回の入院における保障も60日までとなっており、長期入院に対する保障は備えれておりません。

また、保険期間中における入院日数は、通算して1,095日までの保障となっています。

このように、簡単に保障を確保できるメリットがある反面、保険料は割高で、長期入院に対する保障は不十分といったデメリットがあることも、忘れてはなりません。

 

まとめ

 

先進医療に対する保障が、基本コースに含まれていることを踏まえると、保障内容が充実していると思われます。

さらに、潰瘍性大腸炎などの難病を患っていても、告知内容に該当しなければ加入できることも、大きな魅力とも言えます。

しかし、最近では三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)への保障が注目されている中、がん以外の保障を備えることができないのは、持病を持っている人にとっては、少し不安が残る医療保険となってしまうでしょう。

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。