メットライフ生命の『フレキシィゴールドS』の特徴は?潰瘍性大腸炎の保険選び

持病があったり通院中である場合には、一般の医療保険に加入できない場合があります。

その中でも潰瘍性大腸炎は、難病と指定されている病気を一度患ってしまうと寛解と再燃を繰り返すリスクから一般の医療保険には加入できないケースが高くなります。

そういった方でも加入が可能な医療保険、ライフメット生命の『フレキシィゴールドS』の特徴をお伝えしたいと思います。

 

引受基準を緩和した告知内容

医療保険に加入する為には、健康に関する告知が必要となります。

潰瘍性大腸炎を発症し、通院中や服薬中であっても、以下の3つの項目に該当しなければ加入することができます。

・最近3ヶ月以内に、医師の診察や検査によって、入院や手術を勧められた、またはがんの疑いで再検査・精密検査をすすめられたことがあるか。

・過去1年以内に、病気や怪我で入院や手術をしたことがあるか。

・過去5年以内に、がん・肝硬変・統合失調症・アルコール依存症・認知症と診断された、または入院や手術を受けたことがあるか。

引用:メットライフ生命公式HPより

このように、保険会社が保障する基準を緩和することによって持病(潰瘍性大腸炎)を持っている人でも加入できやすくなった医療保険です。

 

支払削減期間を設けていない

従来の引受基準緩和型保険では、加入後の一定期間は支払削減期間となっており、期間中は設定された保障額の半分しか保障をしないというのが一般的です。

しかし、この『フレキシィゴールドS』では、支払削減期間を撤廃し、加入直後から十分な補償を受け取ることができるようになったことが大きな特徴と言えます。

 

選べる『シンプルコース』と『保障充実コース』

シンプルコースには、入院・手術・先進医療に対しての保障が備えられています。

入院保障は、入院日額5,000円と1万円から選択することができ、この入院日額をもとに手術保証の金額が設定されることになります。

例えば、入院1万円に設定すると、手術内容によって2.5万円から10万円まで保障されます。

先進医療に対する保障については、先進医療にかかる技術料と同額が保障され、さらに5万円の一時金を受け取ることができます。

 

保障充実コースでは、シンプルコースに比べ、更に充実した保障内容に加入することができます。

入院日額を1万円で加入した場合には、1回の入院が10日以内でも一律10万円を受け取ることができ、11日目からは日額1万円の保障となります。

10日以内の短期入院にも備えることが魅力的です。

さらに、退院後に同じ怪我や病気で通院した場合でも、退院から180日までを限度に日額6,000円(入院日額が5,000円の場合は3,000円)が保障されていたり、三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)での入院時には、支払日数無制限で保障されるので、三大疾病での長期入院にも備えることが可能です。

健康祝金を受け取れるコースも可能

 シンプルコース、保障充実コースのそれぞれに、健康祝金のオプションを付け加えることも可能となっています。

継続した10日以上の入院給付金の支払事由がなく、5年ごとの契約応答日(加入月日)の前日までに生存していた場合に、入院日額の10倍の『健康祝金』を受け取ることができます。

しかし、この特則は契約途中では解約できない為、注意が必要です。

祝金を受け取れるということは、それだけ月々の保険料が高くなっているのですが、保険料を軽減させたいので、途中で祝金の特則だけ解約するということができません。

 

気をつけておきたい入院支払日数の限度

保障充実コースでの三大疾病に対する長期入院保障を除き、病気や怪我による入院に対する保障は日数に限度があります。

両コースともに、1回の入院に対しては60日を限度としており、それ以降の入院については保障外となります。

更に、退院後180日以内に、同じ怪我や病気で再度入院した場合には、1回の入院として計算されてしまうので必ず60日まで保障されるとは限りません。

例えば、1回目の入院が、35日だったとします。

しかし、退院後、1ヶ月してから同じ怪我や病気を起因として30日入院してしまった場合は通算して65日入院したとみなされます。

このような場合には、60日に達する2回目の入院の25日目までは保障されますが、残りの5日間については、保障外となるわけです。

また、一生涯、医療保険に加入することができ入院保障を確保し続けることができますが、加入中の入院通算日数は、1,095日が限度となっています。

 

その他の様々なオプション設定が可能

他の医療保険にはないオプションを設定することができるのも、『フレキシィゴールドS』の大きな特徴となっています。

  • 介護一時金
  • 認知症一時金
  • がん一時金
  • 骨折一時金

このように、シンプルな保障内容から、様々な保障内容まで、自分自身で設計することができる医療保険となっています。

 

まとめ

 

『フレキシィゴールドS』は、自分で設計することができる引受基準緩和型医療保険です。

持病があっても、告知項目に該当しなければ加入することができ、支払削減期間がなく、とてもメリットの多い医療保険と言えます。

しかし、自分自身で設計する必要がある為、どこまで保障を備えれば良いのか、よく検討して加入することが必要です。

もちろん、保険料と相談しながら、万全な保障を備えるに越したことはありませんが、公的保障なども含め、保障内容を検討するようにしましょう。

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。