緩和型と無選択型って?潰瘍性大腸炎でも加入できる生命保険について

「病院に行ったら潰瘍性大腸炎と診断された…」

近年、ご存じの通り潰瘍性大腸炎を患う患者さんが増加傾向にあります。

さらに、食生活の欧米化に伴い、患者数は今後も増加はまちがいないでしょう。

それと同時に潰瘍性大腸炎を患ってしまっている方が保険に入れるかどうか、悩む人も人も増えています。

生命保険は、本来健康なうちに加入しておく必要があるものですが、実際に病気をしてしまったので加入を検討するケースも多く存在します。

病気になってしまったことから、本当に生命保険の大切さを実感し、もう生命保険に加入できないのではと不安を抱えてしまう方もいらっしゃることでしょう。

では、実際に潰瘍性大腸炎でも加入できるのか、加入できるのであれば、一体どのような生命保険に加入できるのか、考えてみたいてみたいと思います。

 

引受基準緩和型の生命保険か無選択型へ加入する!

あまり聞いたことのない『引受基準緩和型』や『無選択型』ですが、潰瘍性大腸炎などの持病をお持ちの方でも生命保険に加入することができる保険種類となります。

持病を持っている場合は、通常の生命保険への加入は非常に厳しくなります。

しかし、この引受基準緩和型や無選択型の生命保険であれば、潰瘍性大腸炎でも、この種類の生命保険を選べば、加入することも可能性が高くなります。

最近は、保険会社もこの緩和型や無選択型に注力していることもあり、様々な保険商品が販売されています。

もちろん、保険会社によって保険加入に関する加入基準や月々の保険料が相違しますのでご自身にあった保険商品を選ぶ必要があります。

 

引受基準緩和型の生命保険とは?

引き受け基準緩和型の生命保険とは?と思われる方も多いでしょう。

引き受け基準緩和型の特徴は以下の通りです。

  • 告知事項が緩やかで、簡単な告知で加入することができる。
  • 一般の生命保険に対する月々の保険料より、約2倍ほどの保険料が必要となる。
  • 給付金や保険金の金額は、一般の生命保険金額よりも少なくなる。
  • 契約後、一定期間(1~2年程度)は、給付金や保険金の金額が半分など減額がされる。
  • 既往症の再発や悪化による医療保障は、対象外となってしまう場合が多い。
  • 終身保障がついている保険種類も存在する。

このように加入後の制限が設けられている場合がありますが引受基準緩和型であれば、潰瘍性大腸炎を患っている方でも保障を備えることができます。

無選択型の生命保険とは?

次に無選択型の生命保険についての特徴は以下の通りです。

  • 告知必要なく、どなたでも加入することが可能となる。
  • 保険料が高く、支払う保険料の総額が保険金を上回る可能性がある。
  • 既往症の再発や悪化による医療保障は対象外になる。
  • 緩和型に比べ、保険金や給付金が更に低く設定されている。

持病により、一般の生命保険に加入できない場合に、誰でも加入できる無選択型の生命保険を検討することになりますが、保険金額や医療保障となる給付金額も限られています。

そういった保障内容や保険料を必ず確認した上で、検討することが必要です。

 

引受基準緩和型と無選択型、どちらの生命保険を優先して検討するべきか?

潰瘍性大腸炎を患っていると一般の生命保険への加入は難しいけれども、緩和型と無選択型のどちらを先に検討するべきか、悩む方も少なくありません。

もし、無選択型しか知らなければ、生命保険に加入できるならと他の生命保険の種類と比べる前に無選択型の生命保険に加入してしまうことでしょう。

そんな時に、必ず知っておきたいのが「緩和型の生命保険」です。

もし仮に、1つの生命保険会社で引受基準緩和型保険への加入を検討し、引受けを断られたからといっても、すぐに諦めるのではなく、他の生命保険会社にも当たってみてください。

1社で断られても、全ての生命保険会社が断るとは限りません。

無選択型保険は、緩和型よりも保険料が高く、保険金や給付金も限られています。

潰瘍性大腸炎での体調が安定しているならば、引受基準緩和型保険に加入することが可能となるケースが多いので、まずは緩和型を検討するようにしてみてください。

それでも、潰瘍性大腸炎による体調が著しくなく、引受基準緩和型保険に加入できなかった場合には無選択型保険に加入する方向で検討してみる必要があります。

そのような場合には、一旦無選択型保険に加入しておき、一定期間、体調の悪化や再発がなかった場合、その時に改めて引受基準緩和型への加入を検討し、加入可能であれば、緩和型への保険の切り替えをするといった方法もあります。

このように無選択型保険よりも先に、引受基準緩和型保険を検討することお勧めします。

 

まとめ

 

このように、潰瘍性大腸炎と診断されてしまっていても、加入できるできる生命保険は存在します。

病気を発症し、生命保険の大切さに気づいたと時、生命保険は健康の人しか入ることができないからと諦めてはいけません。

もちろん、健康な人より月々の保険料が高くなってしまったり、持病に対する保険金や給付金に制限がかかってしまったりと一般の生命保険に比べて、保障内容や保険料に対する差は大きくなってしまいますが、潰瘍性大腸炎を患っていても、生命保険に加入することは可能です。

貯蓄額と相談しながら、生命保険の保障内容を検討してみると良いでしょう。

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。