ホーリーバジルで潰瘍性大腸炎が劇的に回復した?

おはようございます!

本日の札幌は33℃と真夏日となっております!ここ最近で一番暑いのではないでしょうか?

そんな暑い日に注文していた「ゆほびか」2015年5月号が私の手元に届きました!

この雑誌には、以前当ブログでも紹介させて頂きました「ホーリーバジルと潰瘍性大腸炎について」の実体験が書かれています!

特集名は「大反響!自宅で栽培できるインドの薬草ホーリーバジルがガン・潰瘍性大腸炎・ぜんそく・肝臓病にいい感じ!」という特集ページです。

その中に、(仮名)井上和子さん 55歳のご主人さまの潰瘍性大腸炎克服の記事が掲載されています!

そんなホーリーバジルの実体験・効果について今回は見ていきたいと思います!

 

ホーリーバジルで潰瘍性大腸炎が劇的に回復!

 

この「ゆほびか」2015年5月号でホーリーバジルの実体験を語ってくれているのは、(仮名)井上和子さん。福井県在住の主婦の方で、ご主人が重度の潰瘍性大腸炎を患っているとのことです。

(仮名)井上和子さんは、ご主人が潰瘍性大腸炎を患っていたところ、この雑誌「ゆほびか」でホーリーバジルを知ったのがキッカケだそうです。

ご主人さまの潰瘍性大腸炎の病歴などは記載されていませんが、医師からは「手術しかない」と言われていたそうです。

その経緯を考えると症状は非常に酷かったのではないか?と言うことが予想されます。

「ゆほびか」でホーリーバジルのことを知った(仮名)井上和子さんはすぐにご主人にホーリーバジルを飲ませたいと思い、お茶の葉と種を取り寄せたそうです。

そして、(仮名)井上和子さんは取り寄せたホーリーバジルの茶葉を粉末にしてお湯に溶いて飲み、自宅のプランターで育てたホーリーバジルの生葉は10~20枚ほど夕食時にご主人に出していたそうです。

ホーリーバジルのお茶の飲み方は、茶葉を粉末にして毎朝小さじ半分を熱湯に溶かして飲んでいたとのことです。

その結果、ホーリーバジルのお茶を飲み始めて4ヵ月という短期間で「手術しかない」と言われていた潰瘍性大腸炎の症状が劇的に回復し、腸内の炎症も収まり、血液検査の数値も健康な人以上に回復されたそうです。

それからも(仮名)井上和子さんのご自宅ではホーリーバジルを様々な料理などに使っている様子で、ホーリーバジルを服用し始めたご主人は潰瘍性大腸炎の他にも、シミまで消えていった実体験が書かれていますね。

日本アーユルヴェーダ協会理事長 上馬場和夫医師のコメント

 

「ゆほびか」の(仮名)井上和子さんの実体験について、日本アーユルヴェーダ協会理事長の上馬場和夫医師が一言コメントしています。

ホーリーバジルの成分には、人間の腸内細菌の善玉菌・悪玉菌のバランスを整えてくれる作用があり、特に悪玉菌の活動を抑えるために潰瘍性大腸炎の症状が回復に向かっていったと言われています。

ただ、ホーリーバジルは毒素を排出する作用が非常に強くあるために、現在薬を服用している場合、担当医師に相談してから摂取するようにとお話しされています。

 

ホーリーバジルの特集についての感想

 

ホーリーバジルは、インドの伝統医学である「アーユルヴェーダ」では万病を治すハーブと言われているそうです。

インドのご家庭では、このホーリーバジルをほとんどの家庭が常備薬としてプランターなどで栽培しているそうですね。

そして、(仮名)井上和子さんはこれらの情報を基に茶葉を取り寄せ、ホーリーバジルを栽培し、ご主人にホーリーバジルを服用させることを継続させたからこそ、4ヶ月間という短期間で潰瘍性大腸炎が寛解に向かっていったのでしょう。

私は、この体験については非常に興味深く思いますし、ぜひ潰瘍性大腸炎で現在苦しんでいる方がいるのであるならば、十分に試す価値は高いと思います。

ただ、これだけの体験談を読むとホーリーバジルを摂取するだけで病気が治る、潰瘍性大腸炎が治ると捉えてしまう方が絶対にいると思いますが、「ゆほびか」には以下のように記載されています。

ホーリーバジルだけで病気が治ると考えるのは早計です。

病気の改善や健康維持には医師や薬に頼るばかりでなく、自分で食生活等を改善することが欠かせません。

まさに医食同源なのです。

<引用:ゆほびか 2015年5月号より一部抜粋>

正直、ホーリーバジルを飲んだだけで治りますよという内容であれば私も、体験談を疑いましたが、しっかりとした食生活の元、人間に大切な栄養素を摂取してこそ、ホーリーバジルの効果も最大限に高まるでしょうし、食生活についてもしっかりと記載されている点から、非常に信用性が高い内容だなと感じました。

そのため、(仮名)井上和子さんのご主人も食生活を改善されて、その上でホーリーバジルを摂取したことにより、4ヵ月という短期間で潰瘍性大腸炎が劇的に回復したのではないかなと私は考えています。

野菜の栄養素・食物繊維をしっかりと摂取して、プラスアルファでホーリーバジルを試すことが私は一番いいのではないかと感じた結論ですね。

是非、潰瘍性大腸炎の症状がなかなか寛解に向かわず苦しんでいる方がいるのであれば、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

病院の先生が言っている治療方法が全てではありませんし、潰瘍性大腸炎が完治した人は日本中にたくさんいるんですから。

 

楽天でのホーリーバジルの取扱商品

 

 

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。