マヌカハニーって潰瘍性大腸炎に効くの?整腸作用のあるマヌカハニーとは?

おはようございます!今日も札幌は快晴で、気温24℃と夏はそこまで来ていますね。

そんな今日は、仕事をお休みして家族でBBQをしてきました。

私が一番好きな肉の部位は、牛ホルモンと鳥のセセリですw

さて、母親がオーストラリア旅行に行っていたので、お土産にお願いしていたのがこれ。

「マヌカハニー」です。

マヌカハニーといえば、ニュージランドというイメージですが、これはオーストラリア産のマヌカハニーみたいです。

恐らく、潰瘍性大腸炎を患った方であれば一度は、食べたこと・聞いたことがあるのではないでしょうか?

私も、2010年1月に薬をやめた際に、継続して食べていたはちみつです。

健康になった今は、マヌカハニーは食べていないですが、せっかくなので本場のマヌカハニーを食べてみたいということでお願いしていました。

 

マヌカハニーとは?

 

マヌカハニーとは?名前は聞いたことはあるけど、詳しくはほとんどの方が知らないと思います。マヌカハニーについては以下の通りです。

■マヌカハニーとは?
マヌカハニーはニュージーランドの一部に生息するマヌカ(学名:ギョリュウバイ)の花の蜜から作られたはちみつです。

オーストラリアの一部の地域にもマヌカは生息していますが、少量のため商品化することが難しいため、流通しているマヌカハニーのほぼ100%がニュージーランド産です。

マヌカとはマオリ語で「復活の木」、「癒しの木」などを意味し、ニュージーランドの先住民族であるマオリ族は樹液や葉を薬として用いました。

マヌカハニーには特別な殺菌成分が含まれ、大腸菌、腸球菌、ピロリ菌の抑制や殺菌、消化性潰瘍やその他の感染症の治療に高い効果があることが発表され一躍話題になりました。

 

■マヌカハニーだけに多く含まれる殺菌成分「食品メチルグリオキサール」

マヌカハニー研究の第一人者であるニュージーランド国立ワイカト大学、ピーター・モラン博士。

博士の研究によりマヌカハニーにはその他のはちみつには含まれない殺菌成分、当時は非過酸化水素(ユニーク・マヌカ・ファクター)と呼ばれた食品メチルグリオキサールの存在を明らかになりました。

マヌカハニーには収穫される地域や純度により含有量は異なりますが、食品メチルグリオキサールと過酸化水素の両方が含まれる唯一のはちみつで、食品メチルグリオキサールの存在によりピロリ菌や大腸菌などの悪玉菌に対して、より一般的な天然はちみつよりも高い殺菌効果を発揮すると検証がされました。

 

■マヌカハニーの整腸作用
あのイスラム教の預言者モハメットが下痢の時ははちみつを食べるよう推奨し、古代ローマの医学者アウルス・コルネリウス・ケルススが下痢の治癒にはちみつを用いたなど、古代文明からハチミツは下痢の改善に有効だと考えられてきました。

またマヌカハニーの殺菌作用はピロリ菌の他に大腸菌、腸球菌、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌などのほとんどの腸内細菌の殺菌に効果的で、逆に乳酸菌などの善玉菌の活動を活発化させると言われています。

近年の研究では下痢のほかに胃炎や消化性潰瘍、消化不良、十二指腸炎に有効であるという報告があります。

<引用:All About マヌカハニー

 

 

マヌカハニーは、私も薬をやめた2010年1月から食べていました。

しかも、私が食べていた当時のマヌカハニーは一つで2万円程度というかなり高額なものでした。

私がこのブログでお伝えしているのは、潰瘍性大腸炎を完治させるには、「腸内環境の改善・向上と免疫力の正常化・向上」が必要だと考えています。

マヌカハニーは、マヌカハニーを摂取することによって腸内環境が改善・向上し、その結果として免疫力の正常化・向上に繋がるのだと考えています。

そして、免疫力が正常化・向上したために潰瘍性大腸炎が徐々に回復するという流れになると感じています。

さらに、免疫力を向上させる野菜を摂取することも重要だし、腸内環境を整える食物繊維を摂取することも、もちろん重要です。

そして、マヌカハニーは荒れた腸内環境をリセットし、腸内環境を整えてくれる作用があると感じています。

決して、マヌカハニーは潰瘍性大腸炎の万能薬ではないですが、ステロイドなどの薬がなかなかやめれないのであれば、摂取してみる価値はありますし、実際私も食べていましたからね。

マヌカハニーを選ぶ時は、しっかりと継続できる金額のマヌカハニーにするとよいと思います。私の場合、2万のマヌカハニーを選んで失敗しましたからw

 

マヌカハニーはいつ摂取するのが良いのか?

 

私は、マヌカハニーは潰瘍性大腸炎の症状が活発な時ほど摂取するとよいと考えております。血便や粘液便、排便回数が多い時に摂取するといいということです。

潰瘍性大腸炎の活動期には、大腸の腸内環境は非常に荒れた状態になっています。

病院の治療でも、再燃すると抗生物質を投与されることがあると思いますが、これはカラダにいる良い菌も悪い菌も全て排除するという目的で行われます。

抗生物質を服用すると、悪い菌も排除されますが、同時に良い菌も排除されてしまうのです。

私は、この抗生物質とマヌカハニーは近い効能を持っていると考えているのです。

なので、マヌカハニーの摂取するタイミングは「潰瘍性大腸炎が活動期」または、「体調を崩し始めている」というタイミングで継続的に摂取することが一番望ましいと考えていますね。

潰瘍性大腸炎が完治した私の場合でも、お腹を下してしまった時に「マヌカハニー」を摂取すると、次の朝には回復していますからね。

そして、「マヌカハニー」と「青黛」は非常に近い効能だなと私自身は感じております。

 

マヌカハニーの選び方

もし、あなたがマヌカハニーを摂取しようと考えるのであれば、どんなマヌカハニーがよいのか?

マヌカハニーの入っているボトルには、UMF5+、UMF10+、MGO300+、MGO600+のブランドマークと数字の記載があります。

(マヌカハニーのブランドマーク:UMF、NPA、MGS、MGO等)

これらの記号は全てマヌカハニーの抗菌活性力の強さを示しています。

腸内環境改善などの健康目的であれば、UMFであれば10+以上MGOであれば100+以上のものを選ぶとよいといわれています。

もちろん、数値が高ければ抗菌活性力が強くなりますが、その分マヌカハニーの金額も高くなっていきます。

症状がつらいときは、数値が高いマヌカハニーを選んで早く効果を得たいという考えになるかと思いますが、そこは一旦思い留まりましょう。

なぜなら、重要なのは何事も「継続」ですから。

マヌカハニーであっても、腸内環境を改善するには時間を要します。

つまり、それだけ長い期間マヌカハニーを摂取しなければいけないので、最低限・もしくは自分自身で出せる金額内のマヌカハニーを選択するようにしましょう。

私は2万円のマヌカハニーを購入し、失敗したと感じております。

なぜなら、継続するのが大変だったからですw

まだ、2万のマヌカハニーも3000円のマヌカハニーも大した変わらないような気がしていますw

高価なマヌカハニーを1ヶ月だけ摂取より、安価なマヌカハニーを1年摂取するほうが、効果が大きいと思いますからね。

 

まとめ

 

本日は、マヌカハニーについてお話しさせていただきました。

潰瘍性大腸炎を患っているときは、血便や粘液便があるのでマヌカハニーの効能を感じずらいですが、健康になった今、お腹を下している時にマヌカハニーを摂取すると本当に体調の回復が早いです。

それだけ、人間にとって悪い菌を殺菌してくれる効能が高いということですね。

もし、あなたが潰瘍性大腸炎の症状が回復しないことを悩んでいるのであれば、マヌカハニーを朝と夜にスプーン1杯摂取することを始めてみてください。

 

是非、試したことのない方にはおすすめなマヌカハニーですので、ご自身にあったものを探してみてくださいね。

BeeMe

2010年から約9年間、

私は”薬を飲まずに”健康に過ごしています。

お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました!

私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。

あなたは以下のような悩みを持っていませんか?

  • 「ステロイドを減量することができない…」
  • 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」
  • 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」
  • 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」
  • 「旅行に行けるようになりたい…」
  • 「好きなものを食べれるようになりたい…」

そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。

私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、

「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」

潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

 

↓私が9年間実践している習慣↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

タクロー

札幌市在住のタクローです。 19歳の時に潰瘍性大腸炎を発症。 安保徹先生の著書と出会い、「腸内環境と免疫力」の重要性を学び、今では潰瘍性大腸炎を克服することができました。 そんな経験を活かして、潰瘍性大腸炎に関する情報を定期的に配信しております。